ベトナム(ハノイ)の乗り継ぎ方法

こんにちは、こうじです。

東南アジア各国へのフライトを検索すると、ベトナム航空利用がお値打ちなチケットでヒットする事が多いのでは無いでしょうか?
その場合、ハノイかホーチミンでの乗り継ぎとなります。

今回はそんなハノイでの、国際線から国際線への乗り継ぎ方法をご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

ハノイ(ノイバイ空港)ってどんな空港?

ベトナムの首都ハノイにある国際空港で、ベトナム航空のハブ空港です。
ターミナルは2つのあり、ターミナル1がベトナム国内線専用、ターミナル2が国際線専用
となっています。

日本からはベトナム航空が成田、羽田、中部、関空、福岡からの直行便が就航する他、
日本航空と全日空もそれぞれ成田・羽田から飛んでいます。

ここではターミナル2での乗り継ぎ方法と施設紹介をしてみたいと思います。

ベトナム到着から乗り継ぎカウンターまで

ノイバイ空港の建物はY字の形をしていて、真ん中に入国審査と乗り継ぎカウンターがある
とても分かり易い構造です。

2階に到着後「Arrival,Transfar」の表示にむけてどんどん進んで行きます。

建物の真ん中まで来ると、入国審査が見えてきます。


入国審査の反対側に、乗り継ぎカウンターがあります。
出発時に乗り継ぎ先までの搭乗券があれば、カウンターへの立ち寄りは不要です。
無い場合にはこちらでチェックインして搭乗券をもらいましょう。

カウンターの左右両側に3階に上がるゲートとエスカレーターがあります。人が少ないと片方しか空いていない事が多いですが、どちらから上がっても同じなので問題ありません。

エスカレーターで3階に上がると、手荷物検査場となります。
この空港では出国する人と乗り継ぎの人たちが同じ検査場になっているので、いつも混み合っているイメージです。液体物はこちらで没収されるので気をつけて下さい。

ベトナム出国の際には、ライターの機内持ち込みが禁止されてます。
手荷物検査の前に自主的に廃棄する箱があるのですが、チェックはゆるい様でスルーして持ち込んでいる人も多い様です。

スポンサードリンク

出発までの過ごし方は?

手荷物検査を終えると、3階の出発フロアに到着。
出発時間まで、免税店やラウンジ等で時間を過ごしましょう。

免税店の他に飲食店やお土産店も多く、座れる場所もなかなか充実しているので、2時間程度であれば暇つぶしも問題ありません。空港内のWiFi(比較的早い!)も無料でつながります。
タバコを吸える場所もあります。

空港ラウンジは手荷物検査の左右にあり、航空会社ごとに別れて2ヶ所、4階にあります。
ベトナム航空のラウンジがいつもガラガラです・・

まとめ

ハノイでの乗り継ぎはとても簡単。
ハブとして利用する事の多い、他の東南アジアの大きな空港のバンコクやシンガポールと比較すると、コンパクトにまとまっています。その分空港を楽しみたい方にも物足り無いも・・・

主にASEAN諸国へのハブとして利用が多い思われますが、乗り継ぎ時間も2時間程度のフライトが多く、使い勝手の良い空港と言えます。

今回も最後までお読み頂きありがとうございます(^o^)丿

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする