エアバスA350の搭乗記

こんにちは、こうじです。

シンガポール航空のA350-900に搭乗する機会がありました。

今回はその搭乗体験記をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

エアバスA350とは?

正式名称はエアバスA350XWB(eXtra Wide Body)
ヨーロッパのエアバス社がA330/340に代わる後継機として開発した
次世代の中型ワイドボディ機で、ボーイング787に対抗する機種として
位置づけされています。
2015年1月より就航を開始し、日本でもJALが2019年から導入予定している
最新鋭旅客機です。

すでに11機運用を開始しているシンガポール航空で、この機材に乗る機会がありました。

真新しい飛行機は気持ちがいい

搭乗したのでジャカルタからシンガポールの区間。
所要時間は2時間弱と、この機材の実力を知るには短すぎるフライト時間で
少々残念ですが、初搭乗に期待をしながら乗り込みました。

ピカピカの機材に心踊ります。

大きく湾曲したウイングレットが特徴的で美しい。

シンガポール航空のA350は所有する11機ともすべて900型機。今後はロングボディの1000型機も導入されるのでしょうか?

客室内に入ると、新車?特有の新しい匂いが!?(気のせいかも・・・)
とても開放的な雰囲気に感じるのは、天井が高く、窓が大きいので外光うまく取り込んで
いるからか、LED照明も関係あるのかもしれません。

シートはビジネスクラスが1x2x1、エコノミークラスが3x3x3の配列です。
ビジネスクラスのシートは「NEWビジネスクラス」と言われ、フルフラットにもなる
次世代タイプ、次回は是非利用してみたいですね。

エコノミークラスのシートも真新しく、足元も心なしか広く感じます。
今回一番楽しみにしていたのが、タッチパネルディスプレー。
機内エンターテイメントが充実している印象のシンガポール航空ですが、A330が
飛んでいる路線では、未だに非タッチで少しがっかりでしたが、A359の画面の操作性や
反応は抜群に良かったです。

あっという間にシンガポールに到着。
もう少し乗っていたかったなあ。

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする