シンガポールからジョホールバルへの日帰り観光

こんにちは、こうじです。

「シンガポール観光って定番の場所しか無いよね」

「2度目のシンガポールだし、どこか変わった行き先はないかぁ」

今回はそんなシンガポール観光で、ちょっと変わった観光先があります。

シンガポールからマレーシアのジョホールバル(JBセントラル)へ、
エキスプレスバスを利用して、個人観光の行き方を今回はご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

気軽に行けるお隣の国

ジョホールバルはマレーシアの最南端、シンガポールと国境を接する街です。

シンガポールから気軽に行ける、イスラム圏の街という事もあり、日帰りツアーなどが人気でが、ツアーに入らず個人で行く方法が、実は色々とあります。

・タクシーで行く
→ブギスにある国境越えタクシー乗り場から乗車(市内のタクシーでは行けません)

・列車で行く
→ウッドランズ駅から乗車できますが、本数は少なめ。

・MRTと路線バスを乗り継いで行く
→MRTのウッドランズかクランジ駅から、国境越えの路線バスに乗車。

・エキスプレスバスで行く
→今回ご紹介する一番楽チンで一般的な方法です!
実際の流れをご紹介してゆきます。

シンガポールからジョホールバルへの流れ

【JBエクスプレスのりばと乗車方法】

バスのりばブギスにあるJB行きバスターミナルにあります。
バス乗り場では2つの会社が運行していて、それぞれ並ぶ列が分かれているのですが、どちらに乗っても同じなので、空いている方(もしくは早く来る方)に乗車します。
料金は前払いで3.3ドル、できれば小銭を用意しておいた方が、改札のおじさんに嫌な顔(笑)をされずに済みそうです。

MRTブギス駅から徒歩5分程度

わかりにくいですが、赤と黄で会社別にレーンが別れています

いざバスに乗車。
ジョホールバルまでは約30分程度の移動ですが、一応高速バスなので基本は着席できます。
※混んでくると立ち席や吊革付きの路線バスも投入される様です

シンガポールの出国手続き

バスは最初に「ウッドランズ・チェックポイント」に到着します。
ここで一旦バスを降りて、建物2階に上がりシンガポールの出国審査を行います。
この間にバスは出国側に移動します。スーツケースなど大きな荷物がある場合、バスに置いたままでOKです。
パスポートとシンガポール入国時にもらった半券を用意して、外国人用の列に並びます。
無事出国が終わると、反対側より階段を再び乗ってきた路線バスに乗車します。

シンガポールとマレーシアの間には約1kmほどの「ジョホール水道」があり、橋を渡る際に国境気分?が盛り上がります。

バスレーンがあり、渋滞を横目にスイスイ

マレーシアの入国審査

バスはマレーシア側の「JBイミグレーション」に到着。
再度バスを降りて、建物2階に上がりマレーシアの入国審査を行います。
ココでは持ってきた荷物はすべて持って降りましょう。
マレーシア入国には、出入国カードが不要なのでパスポートのみを用意。
※パスポート入国後にスタンプが押してあるか必ずチェック!

入国後、税関審査を終え無事ジョホールバルに到着です。
少し進むと左側に小さな売店と両替所があり、その先を左手に向かえば「JBセントラル駅」に行くことが出来ます。

無事にジョホールバルに到着。
洗練されたシンガポールとは異なる、東南アジアらしい混沌とした雰囲気が楽しめます。

スポンサードリンク

ショッピングモールでお買い物

JBセントラル駅に隣接して、2つの大きなショッピングモールがあります。
シンガポールと比べ物価も1/3程度なので、多くのシンガポール人が、週末の買い物に来るそうです。
フードコートなど飲食店充実しているので、少しブラブラして時間を潰すには最適です。
シンガポール・ドルは使えないお店もあるので、マレーシア・リンギットへの両替を忘れず。

ジョホールバルにゆく前に気をつけたい事

ジョホールバルに日帰りで行く際、いくつか気をつけたい事があります。

  1. パスポートは忘れずに
  2. イミグレーションでの写真撮影は禁止
  3. タバコお持ち出し・持込に気をつける
  4. 週末や夕方の移動は大変
  5. 1日2回入国に注意

一つずつ見てゆきます。

①パスポートは忘れずに

シンガポールからマレーシアの出入国には、当然ですがパスポートが必要です。
折角やってきても、入国出来ず折り返しで帰る羽目にならなように。
また、シンガポール再入国には入国カードの記入が必要なので、ボールペンも持参すると便利です。

イミグレーションでの写真撮影は禁止

入国審査のエリアではどこの国も写真撮影が禁止されているものですが、ことシンガポールのウッドランズ・チェックポイントは厳しい様で建物外観すらNGです。監視カメラで見られているので、何気なく撮影してしまって拘束→別室送りにならない様に注意しましょう。

③タバコお持ち出し・持込に気をつける

シンガポールはタバコが1本から課税対象です。
例えシンガポール入国時に税金を払っていても、ジョホールバルに日帰りして再入国する際に再び税金を支払う必要が発生してしまいます。
ただ、通例なのか開封済みの1箱程度は見逃してもらえるので、あまり多くのタバコを持ってい行く事は控えましょう。
(2箱以上どうしても持って行く際には、納税レシートを持参して、言われた際に提示出来るように準備を)

④週末や夕方の移動は大変

シンガポールに出稼ぎで働くマレーシア人は、毎日5万人いるそうです。
朝晩の通勤時間帯は、この人達が一斉に移動する為大渋滞が起こります。
また前述の通り、週末のショッピングとして、物価の安いジョホールバルに行くシンガポール人も数多くいるので、同様に避けた方が良さそうです。

⑤1日2回入国に注意

2018年5月現在の最新の情報では、シンガポールの1日2回入国NGの制度は無くなっているそうです。
このシチュエーションで行かれる方は、念の為シンガポール入国時にご確認ください。
※K様、情報提供ありがとうございます!(^^)

シンガポールは1日に2回入国する事が出来ない事が、法律で決まっています。
例えば、シンガポール到着日にそのままジョホールバルに観光に行き、その日の内にシンガポールに戻ろうとしても、この1日2回ルールに引っかかって入国出来ないのです。
シンガポールの宿に戻れず、ジョホールバルで1泊なんで事にならない様注意です。

まとめ

・シンガポールからの日帰り観光は、ジョホールバルがおすすめ

・個人旅行でのジョホールバルへの行き方はエキスプレスバスが便利

・ジョホールバル(マレーシア)への出入国には、少しだけ気をつけることがある

シンガポールから気軽に異国の雰囲気が楽しめるジョホールバル。
次のお出かけの候補にしてみてはいかがでしょうか?

最後までお読み頂き、ありがとうございます!(^o^)丿

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする

コメント

  1. K より:

    先日シンガポールから日帰りでジョホールバルに行って来ました。とても参考になりました。ありがとうございます。
    ところでシンガポールに一日に2回入国出来ないとありましたが、シンガポール入国の際にイミグレで確認したところ大丈夫と事でしたので、到着当日にジョホールバルまで往復して戻る事が出来ましたよ。もしかしたら最近制度が変わったのかもしれませんね。
    色々検索しましたが良く分かりませんでした(^_^;)
    お時間がある際に確認してはいかがでしょうか?

    • こうじ より:

      Kさん、ご指摘ありがとうございました。
      1日2回入国NG制度が無くなっているんですね・・・
      一度詳しく調べて見たいと思います。
      今回の記事がKさんのお役に立てて嬉しいです!