空港

シンガポールの持ち込み制限は本当に厳しい!?タバコやガムの罰金は?

ひこうき

こんにちは、こうじです。

シンガポール航空を利用する際の、チェックインから出発までをまとめてみました。

スポンサードリンク



チェックイン方法について

シンガポール航空は、通常の空港カウンターでのチェックインの他に、「オンラインチェックイン」と呼ばれるWeb上での事前チェックインが可能です。
出発の72時間前から1時間半前まで、ホームページの下記から手続き出来ます。

タイ国際航空のチェックイン方法と荷物重量や個数の制限とは?タイ国際航空を利用する際の、チェックインから出発までをまとめてみました。 チェックイン方法は? タイ国際航空の場合、通常の空港...

上記の記事でも書きましたが、Webでの事前チェックインのメリットは・・・

・専用のチェックインカウンター(列)があり、並ぶ時間が少ない

・当日空港カウンターでの手続きがスムーズに

・事前の座席の指定が出来る

また、シンガポール航空の場合、Web上で事前に搭乗券まで印刷する事が可能で、機内に預ける荷物が無ければ、空港で航空会社のカウンターに並ぶ必要も無く、とても便利です。

スポンサードリンク



荷物を預ける際に注意すべき点

 

シンガポール航空の荷物規定は、タイ国際航空と同じなのでこちらをご参照下さい。

※米国フライトを含む場合は、個数制となるのでご注意下さい。

タイ国際航空のチェックイン方法と荷物重量や個数の制限とは?タイ国際航空を利用する際の、チェックインから出発までをまとめてみました。 チェックイン方法は? タイ国際航空の場合、通常の空港...

 

シンガポールの税関は厳しいか?

シンガポールに行く際に一番気になるのは・・・

・タバコは持ち込めるのか?

・ガムは持ち込んでも大丈夫なの?

かと思います。

事前の荷造り準備に大きく影響するので、詳しく見ています。

 

たばこの持ち込みについて

 

タバコに関しては1本から課税対象となり、申告せずに持ち込んだ事が発覚した場合には、
大変厳しい罰則の規定があるので、充分注意しましょう。

たばこ1本=35.2セント+消費税(GST)7%

⇒一箱20本持ち込む場合には、7.53シンガポールドル(≒600円)となります。

タバコの不法所持=罰金5,000シンガポールドル(≒40万円!)

※電子たばこについては、シンガポールへの持ち込み自体が禁止されています。
不法所持が発覚した場合にも罰金5,000シンガポールドルなのでこちらも注意です。

電子タバコ(加熱式タバコ)の海外持ち込み禁止の国に要注意!巷の愛煙家の間で大流行の「電子タバコ(加熱式タバコ)」ですが、出張や旅行などで飛行機に乗る際の持ち込みには少々注意が必要です。 さらに...

 

実際に訪れた際の肌感覚としては、税関でのチェックが厳しい様には思えませんが、
隠そうとせずに、正直に申告しましょう。

ガムについて

シンガポールへのガムの持ち込みが禁止されています。

不法に持ち込んで発覚した場合には、

なんと罰金10,000シンガポールドル=80万円!!

いつもの癖でカバンの中に入れて持ち込んでしまうと、大変な事になりかねません。

まとめ

充実したサービスと快適性、安全性で評価の高いシンガポール航空。

搭乗する前から旅の楽しみが膨らむエアラインなので、変な事でトラブルに成らない様、
しっかりと下調べをして出かけましょう。

スポンサードリンク



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です