大韓航空のチェックイン方法と荷物制限

こんにちは。

今回は大韓航空を利用する場合の事前準備をご紹介します。

スポンサードリンク

チェックイン方法は?

空港の航空会社カウンターでの通常のチェックインであれば通常、出発の2時間前からの受付となります。

チェックインのレーンは3つ分かれています。

①ファースト、ビジネスクラス、スカイプライオリティ、モーニングカームのレーン

②Webチェックイン、セルフチェックイン専用のレーン

③エコノミークラスのレーン

①の様な優先レーン以外の搭乗者は②か③の方法となりますが、ここは②のレーンを利用する事で、出発前の時間節約をしたいですね。

Webチェックインのメリットはこちらを
↓↓

タイ国際航空のチェックイン方法と荷物制限
こんにちは、こうじです。 タイ国際航空を利用する際の、チェックインから出発までをまとめてみました。 チェックイン方法は? タ...

Webチェックインの方法

大韓航空のWebチェックイン(=事前チェックイン)は、
通常出発の48時間前から1時間前まででの手続きが可能です。

航空会社のHPまたは、専用のアプリから手続きを行います。

航空券(Eチケット)の予約番号またはチケット番号を入力、搭乗日を選択すると、予約してある記録が表示された画面に進むので、ガイドに従って入力すればOKです。
(日本語表示が選べるので英語に不安があっても問題なしです)

セルフチェックインの方法

セルフチェックインとは

文字通り有人カウンターではなく「キオスク」と言われる端末を操作してのチェックイン方法の事です。大韓航空では世界各国の空港で、キオスク端末の進めており今後さらに広がるサービスです。

端末の操作は最初の画面で言語を選択できるので、日本語で簡単に行えます。

端末にパスポートを読み込ませる事で、自分の予約記録が表示され手続きを進めて下さい。
仁川空港では「自動手荷物預け機」が充実していて、荷物預けの長蛇の列に並ぶ必要も無く大変便利です。

Webチェックインやキオスクでのセルフチェックインを行った場合、飛行機に預ける荷物がなければ、チェックインカウンターに寄らずそのまま出国審査に進めば大丈夫(※1)なので、大きな時間短縮が可能です。

(※1)2017年10月現在日本出発の各空港では、カウンターにて搭乗券の受け取りが必要となっています。

スポンサードリンク

手荷物と預け荷物の制限は?

大韓航空のサイズと制限は以下の通り。

・受託手荷物(=航空会社に預ける荷物)
「重量」
 エコノミークラス
  1個まで、最大23kg以内 

 ビジネスクラス
  2個まで、最大32kg以内

「サイズ」
 エコノミークラス・ビジネスクラス同様

  3辺の合計が158cm以内

個数およびサイズの制限があり、それを越えての預けれには超過料金が必要です。

・機内持ち込み手荷物
「重量」
 エコノミークラス  
  1個まで、合計で12kg以内

 ビジネスクラス
  2個まで、合計で18kg以内
「サイズ」
  3辺の合計が115cm以内または、縦40cmx横50cmx奥行き20cm以内

エコノミーでは個数はひとり1個までと決まっていますが、ノートパソコン等の身の回り品や免税店で買い物した袋程度の+αは持込み可能です。

まとめ

Webチェックインや端末でのセルフチェックインは、今後主流になってゆきます。
出発前の空港での時間短縮の為、是非活用したいものです。

荷物についても、航空会社ごとに許容荷物の制限がまちまち。

しっかりと事前にチェックして、うっかり超過料金がかかってしまわない様に気をつけましょう。また、スーツケースに預けるべき荷物と手荷物で持込必要が在るものを、理解・準備して、当日空港でバタバタしない様にしたいものですね。

今回も最後までお読み頂きありがとうございます♪(^o^)丿

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする