韓国KTモバイルのSIMカードのレンタル方法

こんにちは、こうじです。

今回は韓国でのプリペイドSIMカード利用・レンタル方法をご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

4G(LTE)でデータ通信無制限!のSIMカード

韓国で高速通信の4G(LTE)を利用出来るプリペイドSIMでおすすめは、LINK KOREA
(リンクコリア)運営の韓国通信大手KTのサービスです。

最大の特徴は契約期間内のデータ通信が無制限という点です。
(但し電話は出来ないので、電話での通話が必須の方には向いていません)

予約は必要??

韓国に出発前にネットで韓国SIMカードについて調べていると、殆どの会社で事前の予約についての記載があり、今回利用したLINK KOREAも同様に「到着の2日前までに予約」となっています。なので到着後、予約無しで借りれるのか少々不安がありましたが、全く問題無く利用できました。

どこでレンタル出来る?

仁川空港の場合、1階到着フロアの10番出口を出たすぐ正面にカウンターがあります。

コネストHPより抜粋

カウンターの左に案内スタッフの方がいるので、プラン内容を言えば、整理券(番号札)を出してもらえます。その付近で待っていると自分の番号がカウンターに表示されるので、パスポートと端末を提示して手続きを始めます。

プランと料金は?

データ通信プランは3種類あり、日数によって金額が変わります。

LINK KOREA HPより引用

今回利用したのは5日間(25ドル)のプラン。

2泊3日の滞在ですが、1日あたり900円チョットと、日本でWifiルーターをレンタルするよりも断然安いです。(何度も言いますが、高速通信で使い放題です)

支払いは現地通貨(韓国ウォン)、米ドルのどちらでもOK。もちろんカードでの精算も大丈夫です。

スポンサードリンク

設定方法は?

プリペイドSIMを現地購入した際に一番のネックは、データ通信を利用するまでの設定作業では無いでしょうか?いわゆるAPN設定(アクティベート)って奴です。
説明書通りに進めようにも、なかなか思い通りに出来ないと言った経験がないでしょうか?

海外の格安SIMでは「販売のみで設定はご自身で」なんて所も多いのですが、今回のLINK KOREAでは、開通までの設定をすべてスタッフ任せなので心配ご無用です。

ただ、ひとつ気になったのは、韓国SIM特有の条件かもしれませんが、挿入したSIMと別の通信会社のAPN設定がある場合、これを消去しないと使えない様です。
この為、帰国した際に端末利用を再開する為に、日本で使ってる通信会社へ再度APN設定をし直す必要があるので注意しましょう。

通信速度や電波状況は?

実際に利用してみて、通信速度は安定していて、地下鉄や地下街でも問題なく利用できました。通信会社大手KTの回線を直接使用しているからこその快適さです。

こんな使い方が便利

データ通信無制限のメリットを生かしてこんな使い方が便利です。

・音声通話はLINEやSkypeで

電話が利用出来ない事がデメリットですが、LINK KOREAのHPにも記載されている通り、音声通話にはLINEやSkypeの利用で対応しましょう。

・スマホのテザリング機能で仲間で通信を共有

Wifiの共有で友達から感謝されること間違い無しです!

・写真や動画も気にせず送れる

パソコンから大量のデータを気にせず送れます。

まとめ

最近は4GLTEの高速通信が主流となってきているので、遅い3Gでは物足りない(ストレスを感じる)方も多いのではないでしょうか?今回ご紹介したLINK KOREAを利用して快適な韓国旅行を楽しんでみて下さい。

LINK KOREAのHPはこちら

今回も最後までご覧頂きありがとうございました♪(^o^)丿

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする