釜山で焼肉を堪能するなら【マッチャントゥル・ワンソグムクイ】

こんにちは、こうじです。

韓国といえば焼き肉!ですよね(^^)

ただ韓国では単純に焼き肉と言えども、カルビやプルコギ、サムギョプサルなど色々な種類があって目移りしてしまいます。

このたび訪れたのは、今釜山で最も熱いと評判の焼肉店「マッチャントゥル・ワンソグムクイ」。美味しい厚切り肉のサムギョプサルが楽しめるお店です。

今回はそんな行列必至の人気店をご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

熟成厚切り肉を豪快に食べる

まずは基本情報から。

【マッチャントゥル・ワンソグムクイ 南浦店】

住所:釜山広域市中区南浦洞2街 25-1

電話:051−242−3709

営業時間:11:00〜翌2:00 年中無休

場所は南浦洞のメインストリート「光復路」の一本南側の通り(飲食店が立ち並んでいます)にあります。団体であれば予約が出来るのですが、夕食時には地元の若者を中心に行列が必至の人気店です。

このお店の売りは何と言っても「熟成させた豚の厚切り肉」!(てゆうかコレしかお肉のメニューはありません)

14日間熟成させたモクサル(豚の首肉)やサムギョプサルを、厚切りのまま豪快に焼き上げて一気に食べるスタイルは、肉マニアのみならず胸が高鳴ります。

ちなみに店名にもなっている「ワンソグムクイ」とは、粗塩焼きという意味だそうで、味付けはシンプルに塩のみで行います。

肉・肉・そしてまた肉

今回は団体という事で予約が出来たので並ばずに入店。新しいお店らしく店内はとても綺麗で清潔感があります。

日本語メニューもあるので言葉の心配はありませんが、メニューはこの1ページのみ。

お肉はサムギョプサル(1人前130g=10,000ウォン)か、モクサル(同じく1人前130g=10,000ウォン)の2種類のみ最低3人前以上からの注文となります。(厚切りで提供する為ある程度のサイズが必要だそうです)

その他、石焼ごはんやチゲ鍋もあるので、お酒がNGの方はこちらをどうぞ。

つけ合せ(おかず)はこちら

もちろんおかわりが自由で、後ほど焼けるお肉と一緒にサンチュで巻いて食べるのが地元流です。ナムルのサラダも付いてきます。

さていよいよメインのお肉が登場!

左の赤身が多いお肉がモクサル、右がサムギョプサルです。これでそれぞれ3人前サイズ。

お肉は各テーブルを担当してくれる店員さんが、焼き上げからカットまですべてやってくれるので、我々は焼きあがるのを待つのみ。下手に手出しすると怒られます(笑)

最後はこんな感じでカットして完成。

厚めに切ったお肉達。熟成のおかげか豚肉臭さは全く無く、脂身が多めのサムギョプサルも重さがなくどんどん平らげて行けます。お肉のみでシンプルな味を楽しみつつ、たまにサンチュに巻いて変化球を味わうなんてのも良いですね。

結局もう3人前追加注文してしまいました(^^)

まとめ

味とボリューム満点の「マッチャントゥル・ワンソグムクイ」、行列が出来るのもうなずけます。韓国を行ったら是非また訪れたいお店です。

今回も最後までお読み頂きありがとうございます(^o^)丿

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする