北朝鮮への行き方は簡単!?旅行代理店は?

こんにちは、こうじです。

近くて遠いお隣の国、北朝鮮。

ミサイル問題などもあり、最近はますます不気味な未知の場所になりつつありますが、
意外にも一般の観光客として簡単に行ける場所でもあります。

今回はそんな北朝鮮への行き方をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

本当に旅行に言って良い場所なの?

2017年現在、日本と北朝鮮の間には国交がありません。
つまり、北朝鮮には日本大使館や領事館が無く、現地で何かトラブルが起きた際に
助けてくれる国の機関がない場所という事です。

ちなみに外務省の危険情報では「全土に渡航を自粛して下さい」となっています。

外務省の危険情報はこちら

脅すわけではないですが、絶対に問題がない安心な場所とは言い切れません。
行くからに自己責任で行動する事を前提として考えましょう。

自力で現地を手配するのは無理

とは言え、観光ビザさえ取得できれば旅行者として普通に入国出来ます。

ただし、国交が無いので大使館でビザを取ることが出来ず、北朝鮮旅行を手配してくれる
旅行会社に、ビザの手続から飛行機や宿・食事の手配すべてをお願いする事になります。

いわゆるパッケージツアーですが、現状はこの方法しかなさそうです。

北朝鮮旅行を扱う会社はいくつかありますが、専門となると以下の2社でしょう。

中外旅行社

 置く在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の旅行代理店。つまり北朝鮮の会社。

ジェイエスエンター・プライズ

 北朝鮮のツアーを専門に扱い、体験型のツアーも数多くある。

余談ですが、現地で外国人向けの観光旅行を行っている会社は「朝鮮国際旅行社」(もちろん国営)の一社のみ。つまり、ココとパイプがある旅行会社のみが取扱出来るのです。

スポンサードリンク

費用はいくらくらい

旅行会社のHPを見ると、一般的なコースは4〜5日間の行程が多い様で、出発日によっての幅がありますが、約25〜30万円程度となっています。やはり、専門性が高く取り扱い出来る旅行会社が少ない分値段は高めです。

また、ほとんどのコースは北京発着の高麗航空を利用したツアーなので、日本から北京までの費用や中国内での宿泊や食事・移動費を別途計算する必要がありそうです。

ちなみに安く行く裏技として、中国の旅行会社が主催する北朝鮮ツアーに参加する方法があり、同様のコースで約10万近くお値打ちなる場合も。通訳なども日本人向けに対応したコースを作っている会社もあるので、少しでもお値打ちに行きたい方はチャレンジしててみてはいかが。

持込の規制は

北朝鮮といえば色々と持ち物の制限が厳しそうなイメージです。

ですが、実際行った方の様子を見ると、カメラやパソコン・スマホの持込のOKみたいです。
ただ、写真やデータは入国時の係員に厳しくチェックされ、特に北朝鮮に関する動画や本、反体制に繋がる内容の物は削除を求められる事も在るようなので、出発前になるべくデータを空にして行った方が良さそうです。

両替や写真撮影は

現地通貨は朝鮮ウォンですが、外国人は両替出来ません。またクレジットカードも利用出来ないので、支払いは中国元もしくは米ドル(場所によっては日本円)で行う事になります。
ただツアーに食事や観光代が含まれていて、それほど現金が必要な場面が無いとも言えます。

また、写真撮影については思いの外緩いとの意見が多く、軍事施設やスーパーなどの建物内はNGですが、街の風景など比較的自由に撮影出来る様です。

結局ゆくべきか?

全体的なイメージとしては、思ったよりも観光しやすい国という印象です。

ただし、現在の日朝関係などをしっかりと理解し、自己責任という意識をしっかりと持って行動する必要はあります。

実際に行かれた方の印象として、思ったほどの窮屈さが無く、現地ガイドは素晴らし方が多いとのお話が多いのも確かです。(それと女性が美しいとも)

謎のベールに包まれた国なので、逆に実際に自分の目で確かめてみたい。
そんな欲求があれば、一度検討してみるのもありかもです。

今回も最後までお読み頂きありがとうございます(^o^)丿

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする