香港からマカオへ船を使った移動方法(写真付きで解説)

こんにちは、こうじです。

今回は香港からマカオへ移動する際に利用する、高速船(=ターボジェット)の利用方法についてご紹介します。フェリーを使えば片道たった60分で、香港とは違う異国情緒溢れるマカオが楽しめますよ。

スポンサードリンク

香港とマカオの移動は高速船

まずは香港とマカオの位置関係から。

地図で見るとわかりますが、一応中国本土で陸続きにはなってますが、物流トラックなどを除けば、この区間を陸路で移動する人はまずいません。

その理由は2つ。

・海上を直線で結ぶ高速船が早いから。

・香港とマカオを中国でありながら別の国なので、国境越えの手間が掛る。

そんなわけで、香港↔マカオの移動に必ず利用する高速船について詳しく見てゆきます。

香港↔マカオを結ぶフェリー会社は2社

香港↔マカオのフェリーは2社が運航していて、激しいライバル競争をしています。

ターボジェット(噴射飛航)

”TurboJET”が名称の赤い船。香港船会社が運航する老舗の船会社(なので船内が少し古い)。この航路以外にも、深センや珠海など中国本土への航路も充実。

コタイジェット(金光飛航)

カジノ会社「ラスベガス・サンズ社」が所有する青い船。その為、マカオでのカジノ利用客へのシャトルバス運航など利用の便が良く、船内も比較的新しく綺麗。

この両者、運賃や所要時間などはほぼ同じですが、1番の違いはマカオの発着港です。マカオでの観光目的にあわせて選ぶのが良さそうです。

ターボジェット

九龍半島にある「チャイナフェリーターミナル」もしくは、香港島にある「マカオフェリーターミナル」↔マカオ半島にある「アウターハーバー」の運航がメイン。

コタイジェット

香港島にある「マカオフェリーターミナル」↔タイパ島にある「マカオタイパフェリーターミナル」の運航がメイン。

どこから乗れるの?

それぞれの乗り場についてご紹介してゆきます。

香港:チャイナ・フェリーターミナル(中港城)

九龍半島にある港でこちらサイドに宿泊している場合には便利。便数としては、マカオフェリーターミナルとくらべて少なく、深夜の発着が無いのでご注意。

香港:マカオ・フェリーターミナル(香港上環・港澳碼頭)

香港島の上環(セントラル)に位置する港。10〜15分間隔で2社ともが運航おり、24時間発着も行なわれている香港側のメインターミナル。

マカオ:アウターハーバー・フェリーターミナル

ターボジェット社のマカオ側のメインターミナル。マカオ半島に位置しているので、世界遺産の観光地へのアクセスが便利。

マカオ:タイパ・フェリーターミナル

コタイジェット社のマカオ側のメインターミナル。ベネチアンやギャラクシーといったカジノリゾートホテルへのアクセスが便利。

料金や所要時間は?

香港↔マカオ間の所要時間は約60分。料金は平日と週末それに深夜と利用時間によって変わってきますが、普通席で片道約2,500円前後となっています。各種割引クーポンもあるので、予定が決まっている場合には事前にウェブ予約をするのがお得ですね。

ちなみに両社とも1ランク上の特別席があり、こちらはターボジェットの5,000円前後に比べて、コタイジェットは4,000円前後とお値打ちに利用出来るようです。

ターボジェットのホームページはこちら

コタイジェットのホームページはこちら

スポンサードリンク

香港からマカオへ実際に乗ってみました

それでは、実際にターボジェットで香港(チャイナフェリーターミナル)からマカオ(アウターハーバー)へ乗船した流れをご紹介させて頂きます。

船乗り場には何分前に行けばいいの?

乗船の30分前にはターミナルに着いていた方が良さそうです。
最初にご紹介しましたが、香港とマカオは同じ中国でも違う国の扱いになっています。なので、出発と到着の際には、飛行機の国際線同様に出入国手続きがあり、少し時間の余裕を持つと安心です。とは言え、地元の人たちも日常移動しているので場所なので、手続きはスムーズに行ってくれます。船には出港の10分前に乗船開始となります。

スーツケースなど大きな荷物の扱いは?

大型のスーツケースを持って乗船する方もいるかと思いますが、飛行機とは異なり、自分自身で船まで運んで乗せる必要があります。船の入り口付近に専用の荷物スペースがあり、乗船中はそこに置いておきます。

船内にある大型荷物の置き場

注意すべきは超過料金。飛行機よりもサイズ制限がかなり厳しく、3辺が56cm×36cm×23cmで20kg以内までとなります。(イメージとしては3〜4日サイズの40L程度まで)超過した場合には、出国手続きの入り口で係員に料金を支払います。

チェックインから乗船まで

実際の流れをみてゆきましょう。

チェックインカウンターにてチケットを見せて、出国審査へ。

船は全席座席指定。チェックイン時に座席のシールが貼られます。

出国審査を終えると、免税エリアらしく売店もあります。

自分の乗る船のゲートを確認して、ゲート前まで進みます。

ゲートに到着。乗船案内があるまで待ちましょう。

案内がありいざ乗船

船内の様子。かなり大きな船です。

マカオまでの60分、船内にはトイレや売店があり、さらには無料のWifiサービスも利用できます。ただ、少し揺れるので酔いやすい方は酔い止めの用意をお勧めします。

マカオ到着

到着するとまずは入国審査があります。入境の表示に沿って進んでゆくと、自動カウンター(マカオ人のみ)と有人カウンターに分かれているので順番に並びましょう。マカオでは出入国カードが無いので、パスポートの提示のみで簡単に終了します。

カジノへのシャトルバス

カジノに行く場合には、各カジノホテルの無料シャトルバスが利用可能です。
乗り場は到着ターミナルから地下道で道を渡った所にあるバス停で、ホテルごとに看板が出ているので分かり易いと思います。(バス全面の表示や側面にもホテル名が入っています)

バス乗り場から正面にターミナルビルを眺めます。

まとめ

香港からマカオへのフェリー移動をご紹介させて頂きました。

噂によると、近いうちに中国が香港からマカオのお隣の町、珠海まで海底トンネルと橋をつないで、陸路で移動出来る様にするらしいです。これが実現すればフェリー会社にとっては乗客が減り、減便や航路縮小になってしまう恐れがあります。

そうなる前の今のうちに、船旅を楽しんでみては如何でしょうか?

香港国際空港を利用して乗り継ぐ方法はこちらを
↓↓↓

香港空港からマカオや中国へフェリー乗り継ぎの方法
こんにちは、こうじです。 香港国際空港でフェリーへ直接乗り継いで、マカオや中国に行く方法があります。香港で出国せずに、そのままマカオや中国...
マカオから香港経由のフェリー利用でそのまま帰国する方法
こんにちは、こうじです。 今回はマカオからフェリーせ香港国際空港へ向かい、そのまま飛行機で帰国する方法をご紹介します。手続きも簡単でとても...

今回も最後までお読み頂きありがとうございます(^o^)丿

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする