電子タバコは機内持ち込み出来るの?注意すべきことは?

最近、電子タバコや加熱式タバコの愛好家が増えていますね。

使い始めた方にとっては、飛行機で出張や旅行に出かける場合、機内に持ち込めるのかどうか?気になるとことではないでしょうか。

今回はそんな電子タバコの機内持ち込みについての詳細と、注意事項をまとめてみました。

スポンサードリンク

電子タバコは機内に持ち込める?

結論=電子タバコは機内に持ち込みましょう。

加熱式タバコであるIQOS(アイコス)やPloom TECH(プルーム・テック)をはじめ、海外でも人気の電子タバコのVAPE(ベイプ)は機内への持ち込みが可能です。

というか、機内持ち込みしか出来ません!

間違って「預け入れ荷物」(スーツケースなどに入れて航空会社に預ける事)に入れてしまった場合には、搭乗前に航空会社からの呼び出しを受けて、恥ずかしい目に遭うので気をつけましょう(^^)

また、日本発の国際線や海外での航空機のほとんどでは、液体物の持ち込み制限があります。リキッドタイプの電子たばこの場合には、液体物の持ち込み制限に引っかからない様に事前に準備が必要です。

なぜ機内持ち込みしか出来ないの?

電子タバコの基本的な構造として、内蔵したリチウムバッテリーの力で、タバコのもと(ヒートステックやリキッドなど)を加熱しています。

その為、電子タバコはライターやリチウムバッテリーと同様に発火する恐れがあるので、預け入れ荷物には出来ないんですね。

スポンサードリンク

持ち込みの際の注意点とは?

通常の紙巻きたばこ同様に、電子タバコを機内で吸うことは出来ません。たとえ火を使わないと言っても、誤解を招く恐れがあるので、喫煙は絶対にやめましょう。

また、電子タバコ本体やバッテリーを機内で充電することも禁止されています。

  • 無煙タバコや、電子タバコ等の火を使わない喫煙器具も他のお客様への快適性を損ねる恐れがあるため、ANAグループでは機内での使用をお断りしています。なお、電子タバコ本体、予備バッテリーを機内で充電することは禁止されています。

    全日空HPより引用

そもそも持ち込み自体が禁止の国もある?

機内持ち込みの注意以上に、電子タバコを使っている方の海外渡航で最も気をつけるべき事とは、「根本的に持ち込み自体がNGの国がある」ってところです。

しかも、持ち込めないだけでは無く、罰金や時には逮捕されてしまうなんて場合も!

電子タバコ(加熱式タバコ)の持ち込み禁止の国に要注意!
巷の愛煙家の間で大流行の「電子タバコ(加熱式タバコ)」ですが、出張や旅行などで飛行機に乗る際の持ち込みには少々注意が必要です。 さらに海外...

知らなかったでは済まされない事なので、しっかりと確認しておきましょう!

まとめ

従来の紙巻きたばこは、飛行機に手荷物でも預け荷物でも持ち込む事ができますが、電子タバコ(加熱式タバコ)の場合、バッテリーが内蔵されている理由から、手荷物での持ち込み限定になります。

今後ますます普及してゆくと思われる電子タバコですが、航空会社によっては持ち込み自体が禁止になってしまうかもしれません。最新の情報をしっかりとチェックする必要がありそうですね。

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございます(^o^)丿

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする