国内ホテル

中部国際空港で一番便利な宿セントレアホテル|実際に泊まった印象は?

こんにちは。

セントレア発着の早朝出発便などを利用する際、前泊・後泊が必要な時に、どのホテルを利用すべきか迷われる方も多いのではないでしょうか?

今回は中部国際空港セントレアに直結、空港付近のホテルの中で一番便利なホテルでもあるセントレアホテルに泊まってきたので、その体験談や印象をご紹介します。

スポンサーリンク





 

セントレアで一番便利なエアポートホテル

セントレアのある空港島には2019年現在、以下の4つのホテルがあります。

  1. セントレアホテル
  2. 東横イン中部国際空港
  3. コンフォートホテル中部交際空港
  4. フォーポイントバイシェラトン名古屋 中部国際空港

(カプセルの「TUBE Sq」はホテルでは無いので割愛しました。)

その中でも空港ターミナルに直結している唯一のホテルがセントレアホテルです。

名古屋鉄道の中部国際空港駅ともつながっているので交通アクセスもとても便利です。

施設詳細

  • 住所 愛知県常滑市セントレア1-1
  • 電話 0569-38-1111
  • チェックイン/アウト 15:00/10:00

セントレアホテルは2005年2月の空港開港とともにオープンした空港島では老舗のフラッグシップ的なホテルです。2018年には新館(パシフィックサイド)も完成して客室数も倍近くとなり、予約も取りやすくなり、さらに使い勝手が良くなりました。

そんなセントレアホテルに実際に泊まった体験談をご紹介してゆきます。

スポンサードリンク



実際にセントレアホテルに泊まって気づいた事

すべて並行移動で完結する便利さ

セントレアホテルは名古屋鉄道の中部国際空港駅の改札を出て、アクセスプラザを挟んだ向かい側にあるので、階段無しの駅から並行移動でチェックインが可能。また玄関を出ればターミナル入り口となり、大きなスーツケースや荷物の多い方にはとても便利です。

ゆったりとしたフロント

 

ロビーを進むと従来の建物(セントラルサイド)が手前、その奥に新棟(パシフィックサイド)が続いています。

話題のハローキティルーム

オープンしたパシフィックサイドの売りの一つに「ハローキティルーム」があります。東南アジアを中心に世界中で人気のキャラクターにあやかって作ったとの事。ご家族連れで一度試してみては?

お部屋の印象は?

今回利用したお部屋は「スタンダードシングル」で22㎡の広さがあり、一般的なビジネスホテルと比べると、ゆったり開放的な印象の作り。

このホテルの一番の売りはなんと行っても独立したトイレ・洗面・浴室があるって所。

それぞれが別々に配置されているので、2人以上で泊まった時でもそれぞれ同時に使うことが出来るのが嬉しいですね。

また、お風呂には広い洗い場があり、まるで家のユニットバスに入っている感じです。お風呂にも窓があり、空港側のお部屋なら離着陸する飛行機を見ながらの入浴が楽しめます。

シングルルームですが、広々とした横幅140cmあるセミダブルサイズのベットが標準装備、ビジネスホテルのレベルを超えています。

客室・ロビーともに高速の無線Wi-Fiが利用出来ますが、コレがなかなかの速さ。YouTubeやAmazonの動画を見る程度は全く問題ありません。

コンビニがめちゃくちゃ近い

ロビー階にレストランはあるのですが、朝食と昼食のみの営業なので、夜は利用できません。が、ホテル玄関を出た所にファミリーマートがあるので、色々と買い込んでお部屋で楽しみましょう。お部屋には独立のデスクがあるので、お弁当もゆっくり食べれますよ(^^)

朝食が美味しい

もう一つのこのホテルの売りが朝食バイキングです。

ビジネスホテルのような簡易メニューではなく、高級ホテルと比較しても遜色ない内容が楽しめます。特に地元愛知県の地産地消にこだわっていて、地元の干物やハムをはじめ、きしめんや手羽先といった「名古屋飯」もあり、県外の方にとっては楽しみが増えます。

手羽先といった名古屋メシがあります
パンもこの通りの充実ぶり!

セントレアホテルの体験まとめ

中部国際空港に直結のセントレアホテルをご紹介しました。

1泊1万円強と値段は少し高めですが、実際に泊まってみた印象としては、なによりアクセスが最高に便利な事、そしてビジネスホテルのワンランク上のゆとりを感じる事が出来る客室や食事を楽しめる事を考えれば、値段の価値は十分にありと言えます!

旅行前にストレスを貯めたくない方には、是非お勧めしたいホテルです。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です