海外宿泊予約サイト(OTA)の比較と特徴

こんにちは、こうじです。

海外旅行を計画する際、どこのホテルを予約するか、まずは考えますね。

最近ではOTA(オンライン・トラベル・エージェント)と呼ばれる、インターネット専門の

ホテル予約サイトの利用が広がっています。

・24時間いつでも予約可能

・価格重視や立地重視など自分の好みで検索が出来る

・数多くの口コミを参考に出来る

そんな気軽さから、これまで個人では解りにくかった海外ホテルの予約が、

ぐっと身近になりました。

海外ホテルの予約サイトが幾つかかる中、どのサイトにどんな特性があるかどうか・・

サイト名は聞いたことがあるけど、詳しくはよく解らないなんて事ありますよね。

今回は、そんな宿泊サイトについて、自分なりに特性を考えてみました。

スポンサードリンク

海外予約サイトは大きく分けて2極化

海外宿泊予約サイトは大きくわけて・・・

・外資系の予約サイト

・日系の予約サイト

上記の2つに分けられます。

比較すると外資系の予約サイトの方が

・取扱施設の数が高級ホテルからリーズナブルなホテルまで豊富

・口コミ総数が多数

・最低価格保証を行っている

などなどの特徴があります。

対して日系サイトは日本人向けに作られており、

・サイト自体わかりやすい

・ホテルだけではなく、役立つ旅情報も満載

といったメリットがあります。

ただ比較すると、海外ホテルの予約を中心に考えた場合、情報量が豊富な海外サイトに

優位がありそうです。

スポンサードリンク

海外ホテル予約サイトそれぞれの特徴

【Booking.com】

現在CMなどでも良く耳にする、日本でもじわじわと知名度を上げているサイト。

取扱ホテル数がOTA中で最大数を誇り、オランダに本社があります。

特徴は支払い方法が現地施設払いという点です。また24時間前までキャンセル代が

掛からないなど、直前の予約変更や取消にメリットがあります。

数多くの取扱施設には、他サイトには無いエリアのホテルや、高級ホテルから

サービスアパート的な施設まで取り揃えています。

【エクスペディア】

Windowsのマイクロソフト社から独立した、世界最大のOTAです。

高級からエコノミーまで、幅広いジャンルのホテルを取り扱っており、豊富な写真や

詳細なアメニティ情報などホテル選びの役に立つ情報が満載です。

最大の特徴は「最低価格保証制度」で、他サイトよりも宿泊代が高かった場合

その差額の2倍(上限20,000円)を返金してくれます。

【Hotels.com】

世界最大のOTAであるエクスペディアが運営する子会社で、日本人向けホテル専門予約サイトです。検索機能に特徴があり、他社にはないテーマ別(ファミリー、ロマンティック、歴史など)や観光スポット別の絞込が出来るのがとても便利です。また、10泊分貯めるとなんと1泊が無料になるサービスもあります。

【アゴダ】

Booking.comと同じグループのOTAで、創業者が当時タイで設立した影響もあるのか

アジア圏のホテル予約に強いのが1番の特徴です。

他にはない安宿やゲストハウスなども、ここではみつかったりします。

日本語での口コミ総数も多く、ホテル選びの参考にもなります。

また、通常よりもお得になるプロモーション価格セールも見逃せません。

【アップルワールド】

日本最大級のOTAサイトです。

日本語での口コミも多く、日本人を意識した見やすいサイトも特徴。

海外でのトラブルにも対応してくれる「海外サポートデスク」など、

安心して利用できるサービスもあります。

リピート割引や早期・長期割引など独自の割引サービスや、100円で1ポイント貯まる

「アップルポイント」など、リピーターには利用メリットが出やすい事も魅力です。

まとめ

今や海外旅行は自分の好きなホテルを、好きなスタイルで予約して自由に出かける事が

主流になってきています。

自分にあった海外予約サイトを使いこなし、上手に情報を集める事で、

より満足ゆく旅が過ごせるはずです。

情報収集サイトとしても、OTAの価値はますます高まっています。

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする