ホテルのベストレート保証は本当安くなる?活用術と具体的方法

HOTEL-ROOM

こんにちは、こうじです。

前回はホテルのベストレート保証について、どういった仕組みか?またどんな時に適用できるかなどについてご紹介しました。

ホテルのベストレート保証って何?適用される条件とは?
こんにちは、こうじです。 ホテル選びをしていると、よく目にする「ベストレート保証」って言葉。 ホテルのHPでなんとなく見ても、実際にどん...

続いて今回は、代表的なホテルごとの条件の比較や、使えそうな安値の調べ方について詳しくご紹介したいと思います。

ベストレート保証はホテルごとに値引き額が違う

「同じ条件の宿泊料金で、自前のホームページより安い予約サイトが他であった場合、申請すれば同額かそれ以下に値引きします」っていうのが、ベストレート保証でしたよね。

ただこの「値引き額」、決まった金額やパーセントといったものは無く、ホテルごとがそれぞれ独自に決めています。

一般的には外資系のホテルチェーンは値引き額(もしくは特典)が大きくなりますが、国内のホテルだとまだまだ普及も遅く(特に温泉旅館など和風ホテル)、値引き額も同額に合わせる程度と、苦労して調べてみても制度のメリットを受け難い印象です。

参考までに代表的なホテルチエーンを比較してみました。

外資系ホテルチエーンのベストレート保証内容

ホテルチェーン 保証内容と適用条件
マリオット マリオットの料金と「比較料金」を見つけたら、24時間以内にリクエストフォームを作成し送信してください 要件を満たした場合、マリオットは当該料金が反映されるようお客様の宿泊料金を調整し、さらに当該料金から25%割引いたします。
ヒルトン ご予約後24時間以内に、「同一のご宿泊」について対象となるより安い料金を見つけられ、当社がお客様の申請を確認した場合、その料金を適用し、さらに客室料金の25%割引をご滞在中毎日ご提供いたします。

スターウッド
(※1)

お客様がご予約から24時間以内により安い対象となるレートを見つけた場合、それと同額の料金をご提供するとともに、25%割引または2,000ポイントのStarpoints®(スターポイント)を進呈いたします。

IHG
(※2)

他サイトにて、さらに安い料金を発見された場合は、その低料金に合わせた上で、通常の5倍のIHG®リワーズクラブ ポイント(最大40,000ポイント)を差し上げます。

(保証内容は各ホテルHPより引用させて頂きました)

(※1)スターウッド:シェラトン、ウェスティン、ル・メリディアンなど
(※2)IHG:インターコンチネンタル、ホリディ・インなど

このように、外資系のホテルチェーンでは軒並み25%の値引き率!!なんですね。

たとえば公式ページから20,000円で予約していて、他の予約サイトで18,000円のものを見つけた場合には・・・

20,000円→18,000円に合わせ、そこから25%引きなので18,000円x0.75=13,500円!

これは、少々苦労してでもベストレート保証が使えないか調べる価値がありですよね。

一方、国内のホテルはどうでしょうか?

国内ホテルチェーンのベストレート保証内容

ホテルチェーン 保証内容と適用条件
日航ホテルズ 一部ホテルを除き未導入
ANAホテルズ IHGグループと同じ条件
プリンスホテル 他社予約webサイト等と比較して最もお得な料金を保証
サンルートホテル 他予約サイトと最低価格と同額に合わせる
 東横INN 他予約サイトと最低価格と同額に合わせる。さらに、こうしきHPからの予約であれば300円割引キャンペーン。
 ルートイン よりお得な料金であることを保証という表記のみ

このように国内ホテルチェーンはベストレート保証があったとしても、同額もしくは具体的な金額が出ていない場合が多く、大きな手間を掛けてまで調べる必要があるかどうか、疑問が残ります・・・

後でふれますが、その分ポイントサイトでのポイント獲得や、割引きクーポンを利用した方がメリットが出そうです。

スポンサードリンク

最安値を見つけるための方法は?

公式サイトよりも安い宿泊代を探すには、1つひとつ地道に調べていては日が暮れてしまいますよね。そこで便利なのが「ホテル比較サイト」の活用。複数の宿泊予約サイトを比較して同じホテルを安い順番に表示してくれるサイトのことです。

最近CMなどでよく見かける「トリバゴ」や日本の比較サイト最大手の「トラベルコ」などがあり、そのタイミングで一番お値打ちな宿泊代を表示してくれるので便利です。

トリバゴのホームページ

トラベルコのホームページ

泊まりたいホテルが決まっている場合の手順としては・・・

① まずは比較サイトでそのホテルの最安値を調べる

② 次にホテル公式HPでの宿泊代を調べる
  →こちらの方が①より安ければそのまま予約でOK

③ ②の料金よりも①の方が安い際には、ホテルにベストレート保証の申請を行う

④ 申請が通った際には割引が適用される。
  →NGであった場合には、同一条件の適用外の場合ですが内容に①の料金に
   納得しているのであれば、そちらで予約でOK

こんな感じでベストレート保証が使えればそちらを、NGであっても、見つけた他予約サイトの方が良いのであれば、そちらを利用するのが良さそうですね。

ベストレート保証よりも安く出来る場合も?

ホテル公式より宿泊代が一番安い場合でも、他予約サイトを使ったほうが、実質的にもっとお得に出来る場合もあります。

旅行予約サイトでのポイントを活用

「じゃらん」「楽天トラベル」などから予約した場合、キャンペーンなどで宿泊代の最大10%のポイントが付く場合があり、還元されたポイントの金額を足すとベストレート保証での最安値よりもお値打ちになる場合があります。ただ、その会社のポイントをためていなければ意味が無いのですが・・・

限定の割引クーポンを活用

「エクスペディア」「ホテルズドットコム」などの予約サイトでは、期間限定やクレジットカード会社決済の特典として、割引きクーポンコードが使える場合があります。こちらも最大10%近くの割引が受けられる場合もあり、ベストレート保証以下の金額になることも。

まとめ

ホテルのベストレート保証の詳細と具体的な活用方法をご紹介しました。

特に成功すれば高い割引が受けられる、海外ホテルの予約では積極的にに活用したい制度ですね。ちょっと手間は掛りますが、まずはダメ元でOKなのでチャレンジしてみては如何でしょうか?

今回も最後までお読み頂きありがとうございます(^o^)丿

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする