【プライオリティパス】カード経由の入手から利用の注意点

こんにちは、こうじです。

先ごろアメックス・ゴールドカードの付帯特典として、プライオリティパスを手に入れました。今回は、その申込方法から利用の注意点、さらには実際に利用してみた感想をご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

プライオリティパスの申し込み方法は

プライオリティパスとはなんぞや、についてはコチラの記事をご参考どうぞ。

【プライオリティパス】空港ラウンジを無料で使う方法
こんにちは、こうじです。 飛行機で移動する際、空港ラウンジがある事はご存知の方も多いと思います。 でも、ビジネスクラス利用者や航空会...

アメックスゴールドカードを持つだけで、自動的にパスが送られてくる訳ではなく
会員サイトの付帯サービス申込から登録をする必要があります。

サイトの会員特典申し込みページから必要事項を登録しましょう。その際には自身のカード
番号が必要になるので、カードが手元に届いてからの申込となります。

申込自体はプライオリティパス社に対して行いますが、年会費の99ドルをアメックスが負担してくれる形ですね。ちなみにアメックスを解約した場合、プライオリティパスがまだ有効期間内でも利用出来なくなるので注意が必要ですよ。

申込から約1〜2週間でプライオリティパス社より、カードが届きます。
(香港からのAIRMAILで、説明書は英文です!)

なお、クレジットカード申込からプライオリティパス入手まで約3〜4週間必要なので
旅行の予定が決まっている場合は、余裕を持った手続きが必要ですね。

プライオリティパス利用の注意点は?

無事にパスを入手したら、あとは旅行当日に空港で使うだけです。

当日カードを忘れると利用出来ないので必ず持参しましょう。

実際の利用方法は・・・

  1. プライオリティパスが使えるラウンジに行く
  2. 受付でパスと航空券を提示
  3. 利用のサインをする(ラウンジによっては不要)
  4. ラウンジを利用する

と至って簡単です。

世界中の空港ラウンジが利用出来るプライオリティパスですが、こと日本国内においてはあまり威力を発揮しないのが現実です。

なぜなら、JALやANAの日系航空会社のラウンジを利用する事が出来ず、使える航空会社ラウンジは大韓航空(KAL)ラウンジのみ、その他は通常のカードラウンジ利用に限定されてしまうからです。(それならゴールドカードがあれば使えますよね)

同伴者は有料か?

プライオリティパスでは、ラウンジによって同伴者が無料になる場合もあります。
ダメ元で受付で聞いてみるのをお勧めします。(実際にHP上では同伴者有料となっていましたが、無料では入れたラウンジがあります)

ちなみに成田空港のKALラウンジで聞いた際には、「入れますがこの受付ではお金がかかるかどうか判らないので、あとで請求される場合もあります」って言われたので、利用しませんでした・・。

また、子供は2〜3歳であれば親と同伴で無料ではいれる所がほとんどですよ(^^)

スポンサードリンク

そもそもプライオリティパスは必要か?

アメックスゴールドの付帯特典では、年間2回までの利用は無料サービス、2回目以降は通常の27ドル必要となっています。

年1回の海外旅行程度であればコレで十分ですが、何度も海外に行く方は、何度でも無料で利用できるプレステージ会員が付帯される「楽天プレミアムカード」経由でパスを入手した方が良いかもしれません。

【プライオリティパス】空港ラウンジを無料で使う方法
こんにちは、こうじです。 飛行機で移動する際、空港ラウンジがある事はご存知の方も多いと思います。 でも、ビジネスクラス利用者や航空会...

ただ、海外のVIPラウンジなどであれば、27ドル払ってでも利用する価値があるのも事実です。特に乗り継ぎの際の待ち時間が長い場合など、トランジットホテルよりも安上がりに、シャワーをあびて食事や飲み物も楽しめ、ゆっくりする事ができますよ。

実際にラウンジを利用した感想

今回利用したのはサンノゼのラウンジ。

航空会社系のビジネスラウンジも兼ねているので期待が持てます。

HPには書かれていませんでしたが、受付で確認すると同伴者は2名まで無料との事で家族全員で入れました。それほど広くはありませんが、軽食や電源コンセントなど最低限の設備は備えています。

こんなラウンジを無料で使えるのが、カード経由のプライオリティパスの醍醐味ですね。

まとめ

カードの申込から利用まで一連を体験してみた感想は、無料で手に入るなら是非使いたいサービスですねって感じです。

皆さんもカード付保特典を上手く利用して、ラウンジ利用でちょっぴり優雅な旅行を楽しんでみてください(*^^*)

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました!(^o^)丿

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする