バンコク国際空港でプライオリティ・パスが利用出来るオススメのラウンジ

こんにちは。

バンコクスワンナプーム国際空港は、プライオリティ・パスが利用できるラウンジが13ヶ所(2018年10月現在)も有り、ユーザーにとっては嬉しい空港です(^^)

どこを使うか迷うところですが、中でもミラクル・ビジネスクラス・ラウンジ(MIRACLE Businessclass Lounge)はコンコースの真ん中にあって使いやすいラウンジです。

今回は利用した感想をご紹介します。

スポンサードリンク

ミラクルラウンジ(MIRACLE LOUNGE)の場所は?

ラウンジのある場所は3階のD5ゲート前、ちょうど中央の入国審査を入った正面のエスカレターを降りた場所にあります。

ラウンジの利用条件は、プライオリティパス会員の他にダイナース会員、自前のラウンジを持たないビジネスクラスの利用者、そして1200バーツを払えば誰でも利用できます。

スワンナプーム国際空港の一大ラウンジ勢力として、これまでは「ルイスターバンCIPラウンジのブランド」で呼ばれていたものが、「ミラクルラウンジ」にリブランド。そして、その中でもこちらのラウンジは2017年4月にオープンした新しく一番大きなラウンジです。

中は入り口を挟んで左右に広がっていて、左手のダイニングゾーンと右手のソファーゾーンに分かれています(どちらで何を飲食しても問題ありません)

席数は十分なのですが、コンセント席が少なく座席も普通のソファー席といった印象です。

フードやドリンクは?

ホットミールやサラダ、フルーツなどが一通りは揃っていて、比較的充実しています。

特にオーターすると作ってくれる「カオマンガイ」やタイ風ラーメンの「クイッティアオ」は食べるのが必須!小振りなサイズなので味比べも楽しめます。

また、タイで有名なパンケーキ自動製造機も発見!(^^)

ドリンクに関しても一般的なものは十分そろっています。

アルコールはビールやワインをはじめ、リキュール系も揃っているので十分満足出来ますが、ドラフトビールが無いのが少し残念です。

スポンサードリンク

ラウンジ施設は?

ラウンジ内にはバンブーガーデンと呼ばれる、オープンテラス式の喫煙コーナーがあります。

また清掃の行き届いたシャワールームも2ヶ所あり、深夜便での帰国時には嬉しい設備です。

まとめ

プライオリティ・パス会員はもちろん、お金さえ払えばエコノミークラスの乗客でも利用できる「ミラクルラウンジ」。中でもコンコースDのこちらのラウンジは広くてゆったりしているのでオススメです(^^)

しかも24時間営業なので、トランジットの際には重宝しそうです。

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする