中国の高速鉄道(新幹線)の予約方法とキャンセルの注意点【Trip.comで簡単】

こんにちは。

広い中国大陸を移動する際、中国の高速鉄道(新幹線)を利用する機会が多いと思いますが、日本の様にしっかりとした時刻表が無く、どの列車が走っているのか?チケットの買い方はどうするの?などわかり難いですよね。

今回はそんな中国高速鉄道のチケット予約と購入方法をご紹介します。

スポンサードリンク

中国高速鉄道のチケット購入方法

中国の高速鉄道のチケットを予約・購入するには大きく3つの方法があります。

1、駅の窓口で購入

2、町中のきっぷ販売所で購入

3、オンライン予約サイトで購入

それぞれ詳しくみてみましょう。

1、駅の窓口で購入

駅の構内にあるチケット売り場(售票处)に並んで、直接購入する方法です。中国語が話せなくても、メモに乗車駅と列車を書いておけばなんとか買えますが、一番のデメリットは、とにかくいつでも混雑していて並ぶ必要がある事です。

また、窓口で買う場合ほとんどの方は、この後乗る列車を購入する事になるはずですが、満席で予定していた列車に乗れずスケジュールが狂ってしまうなんてことも。事前予約の購入も出来ますが、何度も駅に出向くなんで面倒ですしね。

ちなみに自動のチケット販売機もありますが、2018年時点では外国人は利用出来ません。

2、町中のきっぷ販売所で購入

日本人には馴染みがない方法ですが、新幹線の駅がある大きな街では「代售处」と呼ばれるチケット販売代行店があり、こちらで購入することが出来ます。

駅の窓口同様に、メモに必要事項を書いて持ってゆけば買えますが、列車の空き状況や時間を教えてくれず、中国語の話せない外国人にはハードルが高めです。また、どこにお店が有るか店舗の場所を調べるのも苦労します。

3、オンライン予約サイトで購入

結論を言うと、中国に住んでいない日本人がチケットを購入するには、この方法1択です。

といっても、中国高鉄の公式予約サイトだと決済に日本のクレジットカードが使えない為、外国人は利用出来ません。また、中国の新幹線チケットを取り扱う旅行会社は限られていて、日本の旅行代理店ではあまり扱っていません。

そこで活躍するサイトがオンライン旅行会社のTrip.com(旧Ctrip)です。

スポンサードリンク

Trip.com(旧Ctrip)のメリットは

Trip.comはオンライン専門の旅行会社で、中国高鉄の他にも外国の鉄道(新幹線)チケットの予約購入なども可能です。

そしてメリットはこの3つ。

・日本語表示のサイトなのでわかりやすい

・決済が日本円建てで日本のクレジットカードが使える

・発見手数料が8%前後と他の予約サイトと比べて安い

また、時刻表や列車がわかり難い中国高鉄ですが、Trip.comは乗車日と区間を入力すれば、検索サイト代わりにも使え、空席状況もリアルタイムにわかる優れものです。

こんな感じで簡単に列車が調べれます

Trip.com(旧Ctrip)で予約する方法

>>trip.comのサイトはこちら

1、ホームページから列車を予約する

Trip.comは日本語のサイトなので予約方法は簡単、トップページから乗車したい列車の区間と日付を選択するだけで予約画面まで進めます。

2、パスポート情報の入力

予約を選ぶと乗客情報の画面に移ります。

ここで名前とパスポート情報を入力するのですが、なんで列車に乗るのにパスポート情報が必要なの?って疑問が我々日本人には起こりますよね。実は中国高鉄に乗車する為には、ID登録が必要で外国人はパスポート情報の登録が必須なんです。そしてチケット受け取りには必ずパスポートの提示が必要なので、入力間違えが無いように注意しましょう。

番号や名前のスペルが違うとチケットが受け取れません!

3、受け取り方法の入力

続いて受け取り方法の入力ですが、「鉄道駅で受け取る」か「町中のチケット代理販売所で受け取る」方法があります。

最後にクレジットカードの支払い情報を入力すれば予約が完了。指定したメールアドレスにEから始まる受理番号が送られて来ます。現地でチケットを受け取る際に必要な番号なので大切に保管しておきましょう。

中国高鉄のチケット予約とキャンセルの注意点

このようにオンライン予約を使えば、中国高鉄のチケットは日本国内でも簡単に予約が出来ます。ただ、日本の新幹線とはいくつか勝手が違う点があり少し注意が必要です。

注意点をいくつかまとめてみました。

1、チケット自体は中国の鉄道駅か代理販売所でしか受け取れない

飛行機などをオンラインで予約すると「Eチケット」と呼ばれる印刷(PDFデータ)で入手可能なチケットが手に入りますが、中国高鉄のチケットは印刷が出来ず、チケット原券は必ず予約時に登録したパスポートと受理番号を提示して、現地で受け取る必要があります。

ネット上ですべてが完結しない点は少々厄介ですね。

2、チケットの受け取りに手数料が掛かる場合がある

乗車駅の窓口でチケットを受け取る場合は、基本的に手数料は発生しません。

ただ、往復予約をしている帰りのチケットなど乗車駅が列車のチケットの受け取りには、チケット1枚に対してCNY5元(≒80円)の手数料が取られてしまいます。

ただ、毎回乗車のたびに窓口に並ぶリスクを考えると、多少の手数料を払っても最初の窓口ですべてのチケットを受け取ってしまうほうが良いかも知れませんね。

また、町中の代理販売所で受け取る場合にも1枚CNY5元の手数料が必要です。

3、キャンセルや変更する時の注意点は

中国高鉄は予約後の変更やキャンセルが基本的には出来ません。

ただ、Trip.comで予約したチケットの変更や取り消しについては、発券前で列車出発予定時刻の35分前までであればサイト上で手続きが可能です。

乗車券払戻手数料:
1) 乗車日の15日前まで: 無料
2) 乗車日の15日前~発車時刻の49時間前まで: 乗車券代金の5%
3) 発車時刻の49~25時間前まで: 乗車券代金の10%
4) 発車時刻前25時間以内: 乗車券代金の20%
実際の返金額は鉄道局の規定に準じます。

Trip.comホームページより引用

なお、引き換え(発券)後や中国時間の夜中(22時55分〜7時)の時間はオンライン上での手続きが出来ないので、ご自身で乗車駅の払戻窓口でチケットとパスポートを持参して手続きをして下さい。(その際の規定は各地の鉄道当局の規定に準じます)

まとめ

今回は中国高鉄のチケット購入方法や注意点をご紹介しました。

ポイントは予約や受け取りにパスポートが必須という点です。

日本の新幹線と違ってちょっとだけ手間が掛かりますが、今後さらに中国各地に路線が広がり、ますます移動が便利になるので、利用しない手はありません。

新幹線の乗車方法も日本とは少し流れが違うので、こちらの記事もご参考下さい。

香港新幹線を実際に利用してわかった3つの注意事項
こんにちは。 中国の新幹線(=高鉄)がいよいよ香港まで乗り入れました。 これで香港中心部から中国の深センまではわずか14分、さらにその先...

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする