広州で日本語の通じるオススメのホテル「友和(ユーワ)ホテル」

こんにちは。

この記事では、中国の広州でホテル選びを考えている方に、日本語が通じてお値打ちなオススメホテルを見つけたのでご紹介します。

スポンサードリンク

日本人に特化した友和(ユーワ)ホテル

皆さんにとって海外でのホテル選びの基準って何ですか?

繁華街や駅に近い立地やホテルのブランド名だったり、宿泊代とホテルランクのバランスであったりと人それぞれかとは思いますが、日本語が通じるかどうか?なんて点も重要な基準のひとつですよね。

特に中国では、一流ホテルのスタッフだとしても、日本語はおろか片言レベルの英語が通じない!なんて経験もありませんか?言葉が通じないと何かと不便です。

今回ご紹介する「友和ホテル」はそんな言葉の心配も無く、スタッフ全員が日本語OK、さらには日本人向けの朝食メニューや衛星放送、さらには大浴場まである完全日本人向けに特化。それでいてリーズナブルなホテルです。

基本情報

まずは基本情報から。

「友和(ユーワ)ホテル Yuwa Hotel」 

住所:68 Yueken Rd, Tianhe Qu, Guangzhou Shi, Guangdong Sheng

電話:+86 20 8519 1888

ランク:4つ星(スーペリア)クラス

ホテルHP:广州友和酒店

場所は広州一の繁華街「天河エリア」からタクシーで15分程のところ、広州東駅からだとタクシーで約5分にあります。決して市内中心部とはいえませんが、周りにはレストランやマッサージ店もあり、ホテルの隣にはコンビニもあります。

ただ、最寄りの地下鉄からだど徒歩15分と歩き中心で移動を考えている方には不便な場所とも言えます。

ホテルの隣には、長期滞在者向けのサービスアパートを併設していて、日本人が多く住んでいるようです。ホテルのパブリックスペースをこのアパートと共用しているのも特徴です。

ちなみにホテル自体は中国企業の経営で、日系のホテルというわけではありません。

完全日本語対応のフロントスタッフ

この友和(ユーワ)ホテルの凄いところは、スタッフの全員が日本語が話せること。しかもみなさんかなり流暢です。

よく日本語対応OKと言いつつ、実は日本人スタッフが1人だけで、しかもその人が昼間しかおらず、必要な時に日本語が通じない、なんていう「なんちゃって日本語対応OK」で困った経験がありませんか?ココではそんな心配は一切ありません。

安心してチェックイン出来るだけではなく、ホテル周辺のレストランやマッサージ店などの質問や、タクシーの手配、夜中に困った時などにも言葉の不安が無く快適に過ごせます。

フロント(ホテルHPより引用)

客室の様子

ホテルのランクは4つ星(いわゆるスーペリアクラス)になります。

なので、フロント周りや客室に対して過度の豪華さを求めていると少し物足りませんが、金額とのバランスから考えると、十分満足出来るレベルと言えます。

お部屋は標準的なシングルルーム(25㎡)と少しだけ料金UPすれば泊まれるビジネスルーム(27㎡)がメインで、大きなスーツケースを持ち運んでも広さに問題はありません。

今回宿泊したビジネスルーム

トイレは全室ウォシュレット完備!

一般的なアメニティは揃っていて、無料のお水サービスもあります。また、客室のコンセントすべてが日本のプラグタイプがそのまま使えるマルチタイプで、こんな点も日本人向けの嬉しい点ですね(^^)

ひとつ残念なところは、壁一面が引き戸タイプになっていて、クロークやテレビ、冷蔵庫を出すのにいちいち戸を動かす必要があるので、結構めんどくさかったです。

スポンサードリンク

納豆や味噌汁のある朝食

旅行サイトの口コミにも多く書かれていますが、このホテルの朝食は「おいしい和食」が豊富に揃っていて、日本人には嬉しいメニューになっています。白米やだし巻きや納豆、味噌汁など日本のホテルと変わらないレベルで食べれるので、中国の中華料理に疲れた胃には、ホッできる味です。

その他の設備

主に併設するサービスアパートの方が利用している「大浴場」があり、宿泊者もこちらの施設を利用することが出来ます。

また、フィットネスジムやちょっとした図書コーナー(日本の漫画も充実!)などもあり、長期滞在でも飽きが来ない設備も充実しています。

まとめ

こちらのホテル、宿泊者の日本人率70%ということもあり、静かに過ごすことが出来るのも魅力のひとつ。タクシーや車移動が中心の方なら、安心して過ごせるホテルなので是非オススメします!

>>Expediaからユーワホテルをチェックする

>>楽天トラベルからユーワホテルをチェックする

>>Booking.comでユーワホテルをチェックする

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする