日本版DOMとは一体何の事?その意味と役割

こんにちは、こうじです。

最近、観光業界でよく耳にする言葉に「日本版DMO」と言うものがあります。

普段の生活ではあまり聞き馴染みのない単語です。

一体どのような物なのでしょうか?

スポンサードリンク

日本版DMOの定義は?

DMOとはDestination Marketing/Management Organizationの略です。

直訳すると「観光目的地をマーケティングする組織」と言えるでしょうか。

もともと日本における観光地は、行政・地域住民・観光業者が連携する事無く、

それぞれバラバラに動いていました。

しかし、訪日外国人旅行者の増大や、インターネットの普及による観光情報の求め方に変化が

起こる中それに対応する為、地域全体で一本化する土台を作り、それぞれの立場はあれど、

共通の認識・テーマに沿って「地域一体を一つの商品」に見立て、パッケージしてセールスを

する事が求められて来ています。

それを一まとめにして運営する組織・・・

それが日本版DMOなのです。

※日本版とつくのは、観光先進国の欧米では一般的なシステムだから。

スポンサードリンク

DMO導入によってこれまでと何が変わる?

実際にDMOを取り入れる事で、どういった変化が起きるのでしょうか。

これまでの観光地といえば、旅行会社やメディアが取り上げたりタイアップして、

団体パッケージ等で大人数を集めて呼び込む、いわゆる「発地型」が主流でした。

どこかの誰かが作ったイメージを受け入れ、それに対応する力が求められました。

例えば「日本のマチュピチュ」として、近年多くの観光客を集めた竹田城などは

発地型ビジネスの成功例と言えるのではないでしょうか。

しかし、観光に訪れる人の主流は団体客と変わって、自分で情報を集めて旅行する

個人客にシフトして来ています。

そこで脚光を集め出したスタイルが「着地型」ビジネスです。

着地型では観光地自体(=地域)が自らサービスや商品を作り、

観光客を引き寄せてゆくことになります。

その為には、今までバラバラに動いていた地域(行政・市民・観光会社)が一体となり

同じ方向を向いて取り組むことが大切で、さらには地域自身でPR・マーケティングを

行う必要があります。

そこで登場するのがDMOです。

例えば・・

「ウチの地域はスポーツ団体を受け入れるのに、施設が充実していて、気候も適している」

という着地型のテーマがある場合、

・魅力を発信する行政・自治体

・受け入れる宿泊ホテルや運動施設

・その事を目的として集まる集客に対応する地元の飲食施設、タクシー

・さらには人が集まる事で発生する様々な経済効果

これら全てを一括してプロデュースしてゆくのがDMOの役割であり、

今までの観光に対する形態と全く異なる形と言えます。

まとめ

DMOのテーマに象徴される、観光とまちづくりの一体化は始まったばかりです。

地域にとって観光振興や誘致が、地元住民にとって本当にメリットがあるのか?

といった不安を取り除き、地元が主導権を持って魅力を発信してゆくスタイルを作り

あげる事がDMOの役割といえます。

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございます(^o^)丿

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする