レゴランドの内覧会に行ってきました

こんにちは、こうじです。

この4月にいよいよオープンする「レゴランド・ジャパン」

日本初上陸!!

しかも魅力の無い都市NO1(笑)の名古屋に出来る希望の星!

と言う事で地域活性を望む地元民で盛り上がって来ています。

そんな中、内覧会のチケットを頂いたので、一足先に中に入ってきました。

一体どんな様子なのかシェアさせて頂きます。

スポンサードリンク

そもそもレゴランドとは

レゴランド(LEGOLAND)とは、LEGOブロックで有名な、デンマークに本社を置くレゴ社が開発したテーマパークです。

「LEGOブロックを使ってどんな事が出来るかという可能性を示して休日を楽しめるように」

というコンセプトで作られており、2017年現在、本社のあるデンマークを初め、    アメリカ・イギリス・ドイツ・マレーシア・アラブ首長国連邦の世界7カ所に展開しており、今回で8ヶ所目、日本初上陸となります。

レゴランド・ジャパンの概要について

2017年4月にオープンするレゴランド・ジャパンの概要を確認です。

場所は?

名古屋港にある「金城ふ頭」にあります。

昔から大型展示場の「ポートメッセなごや」や「リニア鉄道館」といった商業施設もあり、 愛知県人にとっては馴染みの場所です。

アクセスは愛知県らしく車が一番便利ですが、公共機関のあおなみ線の場合、名古屋駅から 乗りかえなしで終点「金城ふ頭駅」下車、徒歩10分程度です。

◆ 住所 〒455-8605 愛知県名古屋市港区金城ふ頭2丁目2−1

最寄駅:名古屋臨海高速鉄道 あおなみ線 金城ふ頭駅 (あおなみ線の終点駅)

所 要:名古屋駅より金城ふ頭まで約24分

また、名古屋市の肝入りで、超大型の立体駐車場がこの3月にオープン!

名古屋市営金城ふ頭駐車場

マイカーの方は伊勢湾岸道の高速インター出口直結なので大変便利です。

営業時間は?

HPのスケジュールから直近3ヶ月分は下記となっています。

平日  10:00〜17:00

金曜  10:00〜18:00

土日祝 10:00〜19:00

閉園時間が比較的早いのは、子供向け施設と言う事ですかね

夏場になるともう少し遅くまで営業があるのかもしれません。

ちなみに月によっては平日(火・水曜日)に定休日があるのも注意です。

チケット料金は?

気になるチケット代金、以前からかなり強気の設定と巷の噂ですが・・・

1DAYパスポート

大人(13歳以上)     6,900円

子供(3歳以上〜12歳)  5,300円

年間パスポート

大人(13歳以上)    17,300円

子供(3歳以上〜12歳) 13,300円

と、なっています。いかがでしょう。

1日券に限って言えば、TDRやUSJといった2大テーマパークと比較しても遜色ない  金額。年間パスは3回以上入れば元が取れるので、比較的お値打ちといえるのかも。

これが高いか安いかの印象は後ほど。

スポンサードリンク

で、実際のレゴランドの印象は?

ここからは、内覧会で体験した印象をつらつらと述べてみます。

こちらが入場券。色々なタイプの絵柄がありそうです。

内覧会に際して「なるべく私服で皆さん参加してください」との、レゴランドからの事前依頼があったのですが、当日はスーツ姿のおじさまばかりでした・・・

今回は車にて現地へ

道中目印となる案内看板がほとんど無く、初めて金城ふ頭に来る方は迷っていしまうかも、 これから設置がすすむのでしょうか。

レゴランドの為に名古屋市が作った5,000台収容可能な立体駐車場に駐車

かなりデカイので帰りに迷うこと必至。停めた場所は必ず覚えておきましょう

ここから徒歩で入場ゲートまでむかいます。途中建設中の商業施設「メイカーズピア」を  通り抜けてゆきます。レゴランドと共に新しい商業施設として注目です。

そしてゲート前に到着、わくわく感が高まります(*^^*)

ちょっと残念なのが正門前が工事中で4月のオープンには間に合いそうにありません。

ロボットに出迎えられての入場です!

IMG_8168

園内はどうなってる

園内は7つのエリアに分かれていてそれぞれテーマに沿ったアトラクションやイベント、 グッズショップやレストランがあります。

入場ゲートを起点として、ぐるっとドーナッツ状に1周する造りなので、順番に歩いてゆけば園内を隈なく回ることが出来ます。

広さ自体は東京ディズニーランドの約1/5、ユニバーサルシティ・ジャパンの約1/3と言う事で決して広くはありませんが、子供連れ中心と言う事を考えれば、程良い感じと言えます。(ゆっくりあるいて1時間もあれば一周できます)

とにかく園内のオブジェがすべてLEGOで出来ています。

「やっぱりLEGO職人が作ったのかな」

「プラスチックだから雨にぬれても大丈夫だな」

なんて事を考えながら園内を楽しく散策していました(^o^)丿

印象的だったのが、子供が喜ぶアトラクションや仕掛けが多数あること、

逆を言えば大人だけでゆくには少々物足りないとも言えます。

まとめ

家族で訪れるには楽しいテーマパークだという事は間違いないのですが

ネックになるのがチケット代になりそうです。

大人2人+子供1人で2万円弱払う施設として、はたしてリピーターが得られるのか。

そもそも安売りせず、混雑を抑える目的での料金設定で付加価値の高さを追求しているのか?

インバウント需要を見込んでの価格設定なのか?

いづれにせよ、新しくオープンするテーマパークの今後に注目です。

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする