成田空港で国内線から国際線に乗り継ぐ方法【公式ページより分かり易い!】

こんにちは、こうじです。

地方から海外に向かう際、成田発着の国際線フライトを利用する事が多くなりますよね。

この乗り継ぎ方法、

多くの航空会社の公式ページで紹介されていますが、今回は事前準備を含めて、

より分かり易い国内線→国際線の乗り換え方法と流れご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

地方から成田までは国内線扱い!?

いざ海外へ出発!と思うと出発地から国際線を利用するイメージですが、

「地方から成田までは国内線扱い」なんです!

なので、

国内部分についての集合時間・液体物持込の制限などは国内線ルールが適用されます。

例えば

・空港集合は1時間前(チェックインは国内線のカウンターで!)

・液体物の機内持込は可能などなど・・

ただ、そのまま国際線に乗り継ぐ場合、以下のメリットがあります。

①成田空港での乗り継ぎチェックインが不要

預ける荷物(スーツケース等)は、出発から到着空港までそのままスルーで行く為、
成田空港で取り上げる必要がありません。
また搭乗券も出発空港で成田から先の搭乗分が発行され、専用の乗り継ぎレーンが利用できるので、乗り継ぎの手続き時間が大幅に短縮できます。

※同一航空会社・アライアンスのある航空会社の接続に限る。

②預ける荷物の制限が国際線ルールの基準で適用

国内線と国際線では重量・個数の制限が異なりますが、より余裕のある方が適用されます。

例えばANAの場合、国内線のエコノミークラスの無料受託手荷物の制限が20kgx1個まで
ですが、乗り継ぎ便利用の場合、国際線の制限である23kgx2個まで無料で対応。

成田到着時の乗り継ぎ方法

ては、実際に成田空港到着〜乗り継ぎ、出発の流れを見てゆきましょう。

流れとしては以下の通りです。

  1. 飛行機から降りる
  2. 専用の乗継ゲートに向かう
  3. 日本の出国審査に受ける
  4. 出発フロアからゲートに向かう

乗継の際にスーツケースはどうなる?

地方空港から成田到着するとまずは「日本の出国審査」があります。

ここで出入国のルールを整理してみます。

出国=最後にその国から海外に出発する際に行う行為】

【入国=最初にその国に入った際に行う行為】

当たり前ですよね・・・

でも、スーツケース等の預け荷物はどうでしょうか?

【出国=最初に出発する空港で預ければ、最後に到着した空港まで運ばれる※注1)

【入国=最初に入国する空港で必ず一度取り上げる必要がある】

つまり、A(地方空港)→B(成田空港)→C(海外の空港)の出国時は、

Aで預ければBで受け取る必要が無くCまで運ばれる。

逆に、A(海外の空港)→B(成田空港)→C(地方の空港)の帰国時は、

Aで預けた荷物は必ずBの成田で取り上げる必要があり、

Cに行くためには、再度成田の国内線カウンターで荷物を預ける必要があります。

※注1)アメリカなどの一部の国では、最終目的地が異なる際でも、最初に入国した空港で
    一度荷物を取り上げる必要ああります。

全日空と日本航空の専用乗継ゲートはどこ?

成田空港は、ANAとJALで到着ターミナルが異なります。

なので、それぞれ専用の乗継ゲートがあるので事前にチェックしておきましょう。

【全日空:ターミナル1】

【日本航空:ターミナル2】

専用ゲートで、パスポートと出発の時に受け取った成田から先の搭乗券を用意して
手荷物検査と乗り継ぎゲート専用の出国審査を行います。
出国審査後の出口を出ると、すでにそこが成田からの出発フロアです。
時間に送れない様に出発ゲートへむかいましょう。

ちなみに、成田到着時はまだ日本国内にいます。
なので、上記の専用ゲートを通らず、通常の成田空港の出国に向かってもOKです。
専用ゲートはレーンの数が少なく、時間帯によっては余計に時間が掛かってしまうなんて事も・・・状況をみて空いてる方を選びましょう。

スポンサードリンク

アライアンス同士のフライトで乗り継ぐのは簡単!

上記の事から成田乗り継ぎの際、アライアンス同士の航空会社であれば、イチイチ乗り継ぎ
カウンターによる必要がなく、国際線乗継レーンから出国手続きを済ませ、そのまま国際線
出発フロアに行く事が出来ます。

逆に提携外の乗り継ぎは荷物もスルーで行かない場合も多く、乗り継ぎ空港の都度手続きが
必要なのでかなり面倒になります・・・。

まとめ

・国際線乗継でも、成田までは国内線になる。

・出国は成田空港で。

・出発空港で預けた荷物は最初の海外空港まで。

・逆に帰りは、地方乗り継ぎがあっても必ず成田で荷物は一度取り上る。

・国内線→国際線に乗り継ぐ際、同じアライアンス同士であればメリットが大きい。

などなど、思ったよりも乗り継ぎは簡単です。

今後、羽田へからの際線乗り継ぎの便が増えてゆく可能性が高いですが、成田乗り継ぎの

利便性が捨てがたい魅力ですね。

今回も最後までお読み頂きありがとうございます(^o^)丿

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする

コメント

  1. SHIGEKI より:

    大変判りやすい乗継案内でありがとう。