ANA国際線はオンラインチェックイン手続きが便利?

こんにちは、こうじです。

最近多くの航空会社で、事前にインターネット上でチェックインが出来るサービスが増えていますよね。「ウェブ・チェックイン」とか「オンライン・チェックイン」など呼ばれるこの
サービス、航空会社ごとに少しずつ条件や手続き方法が異なります。

今回はANA(全日空)の「オンライン・チェックイン」の詳細とやり方をご紹介します。

スポンサードリンク

オンライン・チェックインとは

国際線のチェックインは通常、出発の2時間前に空港の航空会社カウンターで行います。

出発が重なる時間帯や荷物の多い路線などの際には、長蛇の列となり出発前からストレスが
溜まる原因にもなっていました。

ただ、チケットが電子化され紙の搭乗券が不要となってきた最近では、チェックインの作業をインターネット上で完了出来る様になりました。

これがオンライン・チェックインです。

今回ご紹介するANAでも、そんなオンライン・チェックインが可能です。

現在ANAの国際線では、すべての路線でオンライン・チェックインが可能で、さらには乗り継ぎ先の路線も提携路線(=コードシェア路線)であれば対応しています。

オンライン・チェックインのメリットは?

メリットは大きく2つあります。

・空港での手続きで時間短縮になる

・事前の座席指定が可能

空港での手続きで時間短縮になる

国際線の場合、通常2時間前にチェクインカウンターに行く必要がありますが、オンライン・チェクイン済みの乗客は、1時間前(羽田空港は40分前)までに搭乗手続きカウンターとはとは別の専用「手荷物優先カウンター」で荷物を預ければばOKです。

また、飛行機に荷物を預けない場合は空港でのカウンター立ち寄り自体が不要となり、
そのまま搭乗口に進む事出来るため、出発前に大きな時間短縮となります。

事前の座席指定が可能

飛行機に乗る場合、自分の座席がどこなのかとても気になりますよね?

オンラインチェックインを行えば、事前に搭乗予定の飛行機のシートマップから、自分の座席指定する事が可能です。(出発の48時間前まで)

一昔前には早めに空港カウンター行き、他の乗客より早くチェックインする事で希望の窓際や通路側が取っていましたが、そんなストレスは無くなりました。

ただし、指定できる座席の場所はチケットの予約クラスによって異なります。また旅行会社のパッケージツアー等ではオンラインチェックイン自体に対応していない場合もあります。

スポンサードリンク

オンラインチェックインの手続き方法

それでは、具体的に手続きのやり方を見てゆきましょう。

まずは登録の際の情報として必要な以下のものを用意。

  • Eチケット(予約番号や航空券番号がわかるもの)
  • パスポート
  • ANAマイレージの番号
  • 米国入国情報(アメリカ線搭乗の場合のみ)

そして、ANA国際線の「オンラインチェックイン」にアクセスします。

では、①と②の違いについてご説明します。

①出発まで24時間以上ある場合

出発まで24時間以上ある場合は、航空会社側でも最終的な調整が完了していない為
チェックイン自体を行う事が出来ません。
その場合には、事前に以下の情報を入力しておきます。

  • パスポート情報
  • メールアドレス
  • 事前座席指定
  • 米国入国情報(米国線利用の場合のみ)

上記登録が完了していれば、オートチェックインと呼ばれるシステムで、航空会社から自動的に出発の24時間前にチェックイン案内(=搭乗券)がメールで送られてきます
なお、オートチェックインには事前座席指定が必要ですが、出発の48時間前までに登録する必要があるので、余裕を持って手続きしておきましょう。

それでは、実際の登録画面はを見てゆきます。

予約検索は、マイル番号でも予約番号/航空券番号のどちらからでも入れます。
※マイル番号の場合、チケット手配時にマイル登録が行われている必要があります。

予約画面では、利用便の一覧と登録状況が確認出来ます。
未登録の場合には、搭乗者情報や座席指定をそれぞれ行ってゆきます。

オンラインチェックインに必ず必要な情報として、「パスポート/出入国情報」「連絡先情報」を編集ボタンから入力。

パスポートを手元に見ながら、自分の情報を登録してゆきましょう。
また、アメリカに行く場合のみ、現地の滞在先情報(ホテル名でOKです)の登録が必要です。

チェックイン完了時に送られてくる「モバイル搭乗券」の受取先を入力。

 

また、マイル登録がまだの方は、こちらで登録が可能です。

また、サービスの画面では座席登録の他、食事にリクエスト(子供食やアレルギーなど)や
各種サービスの手続きが可能です。

②出発の24時間前〜75分前の場合

事前の登録が間に合わなくても、出発前の75分前までであれば、オンライン・チェックインのページにて、上記ご紹介した情報を登録する事でWeb上でチェックインが完了出来ます。

オンラインチェックインが出来ない場合

下記に該当する場合には、残念ながらオンライン・チェックインが出来ないので、通常の空港カウンターでの手続きとなります。

代表的な物は以下の通り。

・2歳未満の幼児と、その幼児を連れている乗客(親など)

・日本発着便が他社のコードシェア便の場合

・医師の診断書が必要な乗客

・大型手荷物を機内持ち込みまたは受託する場合

・事前座席指定の出来ない、旅行会社のパッケージツアー等で参加している場合

また、アメリカにビザ(ESTAはビザではありません)で入国する場合には、オートチェック
インが出来ないので、出発まで24時間を切ってから、オンライン・チェックインの手続きをしましょう。

チケットの受け取り方法

さて、オンラインチェックインが完了すると、モバイル搭乗券と呼ばれるチケットが発行されますが、受け取り方法が以下の3パターンから選べます。

①スマートフォンなどモバイル端末で受け取り(印刷不可)

②メールで受け取り(印刷可能)

③通常の搭乗券で受け取り

モバイル搭乗券の力を最大限に発揮できるのは、①のモバイル端末で受け取りと言えます。

モバイル端末に表示された2次元バーコードを使って、チケットレスで搭乗まで進むことが
可能ですが、画面の保護フィルムなどの影響で読み取りが出来ない事もあり、また海外の空港ではそもそも非対応場合や、ネット環境がバーコードが表示出来ないなんてデメリットもあります。

そこで、または③の受け取りで(アナログですが)紙ベースの搭乗券を手に入れておくのが無難かもしれませんね。

まとめ

ANAのオンラインチェックインは、当日空港での時間に余裕が作れる事と、事前に座席指定が出来る事がメリットと言えますね。

どうしてもやらなければならない機能では無いですが、混雑が予想される日程や路線の出発便である場合、威力を発揮しそうです。

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございます!(^o^)丿

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする