サンフランシスコには空港が3つある!?それぞれの特徴は?

こんにちは、こうじです。

アメリカ西海岸の大都市サンフランシスコ。
日本からの直行便も多く、観光都市として訪れる機会の多い町ですが、実はこの町には国際空港が3つもある事をご存知でしたか?

今回はサンフランシスコにある3ヶ所の空港とそれぞれのメリットご紹介します。

スポンサードリンク

3つの空港の位置と特徴

サンフランシスコにある空港とはこの3つ。

  1. サンフランシスコ国際空港
  2. オークランド国際空港
  3. ノーマン・Y・ミネタ・サンノゼ国際空港

地図を見るとわかりますが、3つの空港はそれぞれ、サンフランシスコ湾を挟んで円形に位置しています。最も規模が大きくメジャーなのは「サンフランシスコ国際空港」ですが、他の2つもそれぞれ特徴があるので、タイミングが合えば利用する機会もあるかもしれません。

それでは、各空港について詳しくご紹介してゆきます。

1:サンフランシスコ国際空港(SFO)

サンフランシスコ中心部から南に約20キロ離れた、ミルブレーという町にある巨大空港。

日本からの直行便を初め、ロサンゼルス国際空港と並ぶアメリカ西海岸の玄関口として、世界中の都市やアメリカ全土からのフライトあり、ユナイテッド航空のバブ空港でもあります。

ターミナルは国内線の1〜3と国際線ターミナルの4つもありますが、各ターミナル間は空港内のシャトル(=エアトレイン)で結んでいて、大空港にも関わらず導線が非常にわかりやすいのが特徴。

BARTと呼ばれる地下鉄の駅が、空港ターミナルに直結していて、市内中心まではおよそ30分程度でアクセスする事が可能。その他にも路線バスや乗り合いシャトルも充実しています。

オークランド国際空港(OAK)

サンフランシスコ中心部から湾を挟んで、東の町オークランドにある国際空港。

こちらはアメリカ国内線が中心で、サウスウェスト航空の準ハブ空港となっています。サンフランシスコ国際空港と比べ、空港での移動距離が短く混雑も少ないので、郊外へ向かうレンタカーを使った観光(ナパバレーやヨセミテ)に行くには便利かもしれません。

こちらもAir BARTと呼ばれる専用モノレールで最寄のBART駅にアクセスできるので、市内まで所要約30分程度です。

サンノゼ国際空港(SJC)

最後はサンフランシスコ中心部から南へ約50キロ、ベイエリアの大都市でもあるサンノゼ市に位置する国際空港です。紹介している3つの空港の中で1番規模が小さいですが、市内中心地に立地する為、サンノゼに滞在した場合には大変便利な空港です。

サンノゼ市周辺は、シリコンバレーとよばれ「Apple」や「Google」「Facebook」といったIT関連企業の本社が集結していて、日本からの出張も多い場所です。2018年現在、全日空が成田からの直行便を毎日飛ばしています。

空港名称を近々「サンノゼ・シリコンバレー・ミネタ国際空港」に変える予定があるとか。

まとめ

サンフランシスコのベイエリアにある3つの空港をご紹介しました。

大半はサンフランシスコ国際空港を利用する事になりそうですが、サンフランシスコに行く際のちょっとした予備知識として、知っておくのも良いかもしれませんね(^^)

今回も最後までお読み頂きありがとうございます(^o^)丿

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする