「ハブ空港」の意味とそのメリットとは?

こんにちは、こうじです。

航空関係の話題でよく耳にする「ハブ空港」

いったいどのような空港を表す言葉でしょうか?

大都市にある大きな空港?

数多くの就航便がある空港?

確かにこれらの事は、ある一定の条件ですが、「ハブ空港」自体を表す表現ではありません。

では、ハブ空港とはいったい何か?

今回は考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

そもそもハブ空港とは?

ハブ空港を簡潔に定義すると

「ある航空路線網内での、乗換えの中心的な役割を担う空港」です。

例えばA・B・C・Dと4つの空港があった場合

すべての空港同士で直行便を飛ばすには

Aから3路線、Bから2路線、Cから1路線の計6路線が必要です。

しかしAをハブ空港に設定して、全ての飛行機を必ずA経由にする事で

AとB~Cの4路線で済み、効率がぐっと良くなります。

「ハブ」とは車輪の軸(Hub)の事です。

その軸を中心に「スポーク」(Spoke)のように

放射線状に広がる航空路線網がイメージ出来ますね。

これが言葉の由来です。

ハブ空港のメリットは?

ハブ空港の1番のメリットは

「効率の良い乗り継ぎが実現出来る」ことです。

現在、世界の航空網は大きく分けて3つのグループにわかれます。

「スターアライアンス」「スカイチーム」「ワンワールド」

それぞれのグループ内の航空会社同士が、共同運行便などのアライアンスを組んで

乗り継ぎの利便性や、座席確保の相互協力を行っています。

飛行機のコードシェア便って何?メリットと注意点とは
こんにちは、こうじです。 空港で発着の電光掲示板の案内を見た時、行き先や時間は同じにもかかわらず 数多くの便名が表示されている、なん...

また、「ハブ空港」を拠点に持つ航空会社が中心となって、ダイヤの効率化を図ることで

乗り継ぎ時間の短縮目的地の多様化を実現しています。

スポンサードリンク

理想的なハブ空港とは?

ハブ空港には2種類のタイプがあります。

①航空会社ハブ空港

一つの航空会社が、特定の空港を運用の中心と位置づけて就航便を集約する事で

乗り継ぎのみに留まらず、機材の運用や整備・スタッフの集約などの効率化も同時に

果たしている空港の事を表しています。

代表的な例としては、アメリカン航空におけるダラス・フォートワース空港や

デルタ航空のアトランタ国際空港などがこれに当たります。

②拠点都市ハブ空港

航空会社だけではなく、その広域地域の拠点として移動における中心的な役割がある空港。

「ゲートウエイ拠点都市」とも呼ばれています。

例えば、ロサンゼルス国際空港がアメリカ西海岸の拠点として、カナダやメキシコからの便と

太平洋路線やオセアニアの便をつなぐ役割を担っているパターンや、

ドイツのフランクフルト国際空港が欧州の中心地という立地を生かし

欧州内各国とそれ以遠のバブの役割を果たしているパターンなどが代表的です。

この「拠点都市ハブ空港」については、近年アジア地区における覇権を巡り

各空港の競争が激化しています。

欧州・アフリカへ立地面で優位なシンガポールのチャンギ国際空港やドバイ国際空港、

複数滑走路を備え、充実した設備面で台頭するソウルのインチョン空港や香港国際空港など

アジアNO1の覇権争いは進行形で続いています。

日本はどうなのか?

そんな中、日本の空港の立ち位置はどうなっているのでしょうか?

滑走路の未整備、24時間対応出来るかどうか、発着料に競争力があるか・・

まだまだ他のアジアのライバルと比べると、弱い部分も多々あります。

しかしアメリカ方面から飛来してくる飛行機が、極東の日本をハブにして

その先の東南アジアとを繋げる「アジアのゲートウエイ都市」になれる最高の立地面を

生かした可能性も秘めています。

まとめ

各国がハブ空港化を目指し力をいれる理由は

飛行機が運行する事によって生まれる

「すべての関係者が行う経済活動が生み出すお金」

それが目当てなのは言うまでもありません。

しかし・・

本当に利用者にとって便利なのか?

航空会社にメリットがあるのか?

そして受け入れ先の空港にとって本当に必要なのか?

そのすべてを満たさなければ、上手く行かない複合的な課題かもしれません。

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございます!(^o^)丿

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする