中国でもLINEが使える香港SIMデータローミング

こんにちは、こうじです。

みなさんは金盾(きんじゅん)って言葉は知っていますか?

中国政府によるインターネット規制の事で、中国に行くとLINEやFACEBOOK、
グーグルマップ等の利用・閲覧が出来なくなってしまうのです。
普段何気なく利用してるの事が使えなくなってしまうのは、想像以上に不便で、何をするにも困ってしまうものです・・・

今回はそんな規制を超えて、中国でもSNSを、それもLTEで快適に利用する方法を紹介します。

スポンサードリンク

なぜ中国ではネット規制が行われているのか?

実際に中国でSNSに繋いでみると、電波が繋がらない訳ではないのですが、
ずっと読み込みのまま立ち上がらない状況が続きます。

その理由は、SNSを通じて情報が拡散する事で、大規模な民主化デモが発生してしまうのを恐れた中国政府が、2014年7月から一斉に規制を始めた為で、今後もこの規制が解除されることは無さそうです。

↓中国で規制されてしまう主なアプリ一覧

・LINE ・Facebook ・Youtube ・Twitter ・Googleのサービス(Gmail.GoogleMAPなどなど) ・DropBox ・インスタグラム ・ニコニコ動画
 
個人が自分自身でネットから情報を得て、自由に現地で行動する事が、旅行スタイルの主流となっている昨今、旅先で情報が入ってこない事による不都合はかなりのダメージです。
 

中国でもネット規制を受けない方法は?

では、規制を受けない方法はないのでしょうか?
解決策として現時点では主に2つ考えられます。
 
①VPN接続を利用する
 
②データローミングを利用する
 
①VPN接続に関しては少々技術が必要である事、短期旅行者には向いていない事もあり、今回は割愛させて頂きます。
 
②データローミングの利用によるネット接続が今回ご紹介する方法です。
データローミングとは、国外でスマホ等の端末でデータ通信する場合に、その国の携帯会社の電波を受信して利用する事です。
ただ、中国国内の携帯電波では、規制の対象となってしまいます。そこで中国全土で利用できる香港キャリアの電波を利用する事で、規制を受けない自由な通信が可能になるのです。
 
この方法で一つ大きな条件は「SIMフリー端末」が必須と言うことです。
 
日本のキャリア携帯は基本的に「SIMロック」が掛かっており、他社のSIMカードを入れても利用出来ないのでご注意を!
SIMロック解除については、こちらの方のブログに詳しく記載されています。
 
スポンサードリンク

SIMカード購入から開通までの方法

それでは、具体的にSIMカードの購入方法から設定方法までをご紹介します。

SIMカードの購入

香港SIMは中国出発前に事前に買う必要があります。
(中国到着後では、規制のある中国本土のSIMしか買えません)
 
香港SIMで中国本土でもデータローミングが可能なキャリアは2つ。
 
・中国聯通香港(チャイナ・ユニコム)
 
・中国移動香港(チャイナ・モバイル)
(2018年10月時点で、中国国内でも使えるSIMは廃番になっています)
 
こちらの記事もご参照下さい。
中国でLINEが使えるオススメのSIMカード「チャイナユニコムHK」
こんにちは。 こちらの記事をご覧頂いている方は、中国に出かける際のSIMカード選びをしているはずですが、僕のおすすめは中国聯通香港(チャイ...
香港SIMと言っても日本国内でもAmazonで簡単に買うことが可能で、
どちらのSIMカードも2,000円前後と比較的購入しやすい金額です。
 
通信データの量や音声通話の有無で幾つかの種類がありますが、今回利用したのは高速4G:LTEでの通信が可能なチャイナ・モバイルのSIMカードです。

お手軽な中国聯通香港と持つ人を選ぶ中国移動香港

ここで注意したいのは、中国の周波数に適応している端末かどうかです。
中国聯通香港(チャイナ・ユニコム)の場合、国際的に広く使われている周波数(バンド)なので、ほとんどすべての端末が対応可能です。ただ、今のところ3G専用のSIMカードの販売しか無いため、通信速度の面で弱くなってしまいます。
 
そこで、中国で規制無く4G(LTE)を利用したいのであれば、中国移動香港(チャイナ・モバイル)のSIMカードという事になります。
 
が、ここで問題になるのが周波数です。
 
独特の周波数使う同社の場合、中国外の端末で利用出来る機種が限られてきます。
対応機種を事前にしっかりと確認しないと、現地で全く使えない悲劇があるので、注意が必要です。(ちなみに今回の利用端末はiPhone6Sです)

設定方法は?

SIMカードを端末に挿入してから利用するには以下のプロセスとなります。

SIMを端末のスロットに挿入

SIMカードを挿入すると、自動的に電波を拾いますが、
端末に電波が入っても、それだけではネットに接続出来ずAPNの設定が必要です。

中国移動香港(チャイナ・モバイル)のAPNの設定

APNとは、アクセス(A)ポイント(P)ネーム(N)の略です。
インターネットのサーバーに接続する為に必要な設定の事で、接続先を特定する為の情報を端末に認識させる作業です。

iPhone(ios10)の場合・・・
【設定】→【モバイルデータ通信】→【APNの設定】の画面に進みます。
APNにCMHKと入力すればAPN設定の完了です。

LTEで快適なネット環境

晴れてネットが開通です。
使ってみた感想として、都市部や農村部では問題無く4G(LTE)で、ネット規制もなく利用できるのですが、地方の中規模都市で突如利用出来なくなる事がありました。
理由としては、周波数が対応出来ないエリアが一部あるのでは、と思われますが、殆ど気にするレベルではありませんでした。

まとめ

旅行先でスマホが利用出来ないと、情報を取ることが出来ず、一気に不自由な旅になってしまいます。事前の調査・準備で解決出来る事も多いはずなのでしっかり確認したい物です。

やはり旅をするならSIMフリー端末は必須と言うことですね。

最後までお読み頂きありがとうございました(^o^)丿

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする