エコノミーでもラウンジが無料のバンコクエアウェイズ

こんにちは、こうじです。

今回はバンコクを起点に就航する「安さだけでは無い、少し変わった戦略」で活躍する
バンコク・エアウェイズの魅力についてご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

どんな航空会社?

バンコクエアウェイズはバンコクに拠点を置き、タイ国内のリゾート地や東南アジアの近隣諸国に就航している航空会社。

この航空会社の特徴は「おしゃれで上質なサービス」でしょう。

 LCCとは一線を画するフルコストキャリアを全面に打ち出すセールス手法で、
「アジアのブティックエアライン(Asia’s boutique airline)」を自称、
その名前に負けないサービスやコンセプトが盛りだくさんです。

現在は直行便の就航が無く、日本ではあまり馴染みのないエアラインかもですが、
JALとの共同運行便を行っているので、バンコクから先の国内線や国際線で出会う機会があるかもしれませんね。

↓↓共同運行便とは

飛行機のコードシェア便って何?メリットと注意点とは
こんにちは、こうじです。 空港で発着の電光掲示板の案内を見た時、行き先や時間は同じにもかかわらず 数多くの便名が表示されている、なん...

またサムイ島やスコータイ、トラート島に自社空港を持っていて、この空港をブティック空港と称して、その土地の雰囲気に合わせたユニークなターミナルを作る事で、自社のブランドのイメージアップに利用する他、この空港への路線をほぼ独占しているのも特徴です。

スポンサードリンク

上質なサービスを手軽な値段で

では、実際にどのようなサービスを受けれるのでしょうか?

その① ラウンジが無料

庶民の憧れ「空港ラウンジ」がなんと、エコノミークラスの乗客でも利用出来ます。
ブティックラウンジを呼ばれるこのお部屋は、搭乗券をみせれば誰でも入れるラウンジ。
スワンナプーム国際空港の場所はこちら↓


受付で搭乗券を見せて中に入りましょう。

アルコールの提供はありませんが、飲み物や軽食、無料のWiFiが利用できますよ。

ちなみにプレミアムエコノミークラス以上の乗客は、専用の「ブルーリボンクラブラウンジ」が利用出来ます。

その② 魅力的な機内食を堪能

国際線であれば短いフライトであっても、しっかりとしたお食事が提供。
(※国内線でもコールドミールですが提供があります)

メニューも2種類から選べ、ビールはもちろんワインなどのアルコールや、食後のコーヒーまで楽しめます。ただ、フライトが短いのでCAさんはかなりバタバタの様ですが(笑)

チキンカレーをご賞味♪

その③ ホスピタリティあふれる機内

残念ながらプライベートモニターは付いていませんが、乗客を楽しませる工夫が随所にあります。その内のひとつがこれ、CAさんによるセーフティビデオ。

その他リクエストをすればアイマスクや耳栓も用意してもらえます。
前の座席との幅(シートピッチ)も78cmと、フルコストキャリアらしく十分問題ない広さ。

その④ 5年以上は使わない最新の機材

バンコクエアではすべて最新の機材を投入していて、5年以上は使用しないとのこと。
JALやカンタス航空との共同運行をしている事からも、安全グレードの高いエアラインと言えます。
また、機体のデザインも通常塗装よりも特別塗装が多いそうで、就航各地にあわせた色とりどりの模様が装飾されていて、乗るたびに楽しませてくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
おしゃれ?かどうかはともかくとして、乗客を楽しませること、快適に過ごせるような工夫が随所に仕掛けられているバンコクエアウェイズ。

LCCとはひと味違ったアジアの空の旅を楽しめること間違い無しの航空会社です。

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございます(^o^)丿

スポンサードリンク

あわせて読みたい記事はこちらをどうぞ

シェアする